ルイ 10 世 フランス 国王

悪名高き処刑道具・ギロチン。人道的な処刑道具と称されて世に出たものの、その刃は多くの血を流しました。, しかし、マリー・アントワネットについてはともかく、その夫で国王であるルイ16世については、「名前しか知らない」といった人が多いのではないでしょうか。, 彼がどんな人物で、なぜ死刑になってしまったのか、その理由を知る人は少ないはずです。 Contents. 突然ですが。。。。首切り役人や処刑人。こう聞くと、どんな人を想像しますか? ・『テンプレ世界史』目次ページ 1.1 幽閉された国王が起こした、ヴァレンヌ事件; 1.2 逮捕された王家と、タンプル塔への幽閉; 2 断頭台にあげられた、ルイ16世の家族たち. バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。, 1781年にルイ16世に息子が生まれたので、ルイ・スタニスラスはフランスの王位継承権は少し遠くなり、兄の治世中比較的私的で平穏な生活を送っていました, (ヨーロッパの七年戦争と北アメリカ大陸のフレンチ・インディアン戦争とインドのカーナティック戦争などの講和条約). フランスでは中世より1870年まで君主が支配した。フランスの支配者は主に王を名乗り、後にボナパルト朝では皇帝を名乗った。「フランス」の成立時期には複数の見解が存在する。もっとも早くに遡ろうとするならば、486年、クロヴィス1世によってローマ帝国のガリアにおける軍司令官シアグリウスが倒され、 メロヴィング朝フランク王国が成立した時となるだろう。フランク王国は8世紀に分裂する。ヴェルダン条約により、843年西フランク王国が成立する。西フランク王国の支配域が、おおよそ今日のフランスへと展開していくこととなる。, この観点から、この表は843年、西フランク王国のシャルル禿頭王即位より開始している。それ以前のフランクの君主についてはフランク王の一覧を参照。, 以下の表に掲載した以外に、1340年から1360年および1369年から1801年にかけては、イングランド王およびグレートブリテン王もフランス王の称号を自称した。ごく短い期間ではあるが、この称号が実際に一定の根拠を持っていた時期もある。すなわち、1420年のトロワ条約によりシャルル6世はその義子イングランド王ヘンリー5世を摂政および継承者として認めたのである。ヘンリー5世がシャルル6世に先立ったため、ヘンリー5世の子ヘンリー6世は祖父シャルル6世からフランス王の称号を継承した。北フランスの大部分は1435年までイングランドの支配下にあったが、1453年までにイングランドはカレー(およびチャンネル諸島)を除いたフランス全土から敗退し、カレーも1558年にフランスの手に落ちた。しかしながらイングランド王、のちグレートブリテン王は1801年のグレートブリテンおよびアイルランド連合王国成立までフランス王を自称し続けた。1337年から1422年の間にも、断続的に複数のイングランド王がフランス王を自称している。, 君主号としては、フィリップ4世までは「フランクの王」(ラテン語: Rex Francorum)が用いられた。ナバラ王国の王位を兼ねたカペー朝末期(フィリップ4世以降)およびブルボン朝歴代の国王は「フランスとナバラの王」(roi de France et de Navarre)を称した。1791年憲法が効力を有した短い期間(1791年から1792年)および1830年の7月革命後には「フランスの王」(roi de France)ではなく「フランス人の王」(roi des Français)が用いられた。ボナパルト家の君主ナポレオン1世、2世、3世は「フランス人の皇帝」(empereur des Français)を使用した。, 「フランス」の名はゲルマンの一部族であるフランク人に由来する。メロヴィング朝は伝説上の人物とされる部族長ファラモンに遡るが、実際に最初の王となったのはクロヴィス1世である。その死後、王国は息子たちの間でネウストリア 、パリ、ブルグントおよびアウストラシアに分割される。その後も分裂とメロヴィング朝の王たちの間での闘争が続いた。, やがてメロヴィング朝はカロリング朝に取って代わられる。カロリング家は始めアウストラシアの宮宰であったが、徐々に統合を進め、クロヴィス以来のフランク王国全土統合を成し遂げた。小ピピンが王として即位することでメロヴィング朝は完全に終わる。小ピピンの子シャルルマーニュの広大な支配域は、ルイ敬虔王により分割される。ルイ敬虔王の子ロタール1世の治世下、843年にフランク王国は東フランク王国、ロタリンギア、西フランク王国へと分割された。シャルル禿頭王は西フランク王国の最初の王である。, ウード、ロベール1世、ラウールはカロリング家ではなく、対立するロベール家の王である。カペー朝を興したユーグ・カペーはロベール1世の孫である。, ユーグ・カペーの嫡流であるカペー朝は987年より1792年まで、そして1814年より1848年までフランスを支配した。ただし、1328年以降は一般的にヴァロワ朝およびブルボン朝として個別の名で呼ばれる。, 上の表には含まれていないが、ロベール2世の長男ユーグ・マニュス、またルイ6世の長男フィリップは、それぞれ父と共同統治を行った。これはカペー朝初期の慣習として、王が生前に後継者を戴冠し、共同統治王として権力を共有したものの、それぞれ父王に先立ったためである。ユーグ、フィリップともに単独、または年長の王とならなかったため、伝統的にフランスの王には含めず、したがって代数を付さない。, プランタジネット家のフランス支配権の主張に基づき、1422年からフランス北部の大部分はランカスター家のイングランド王ヘンリー6世の支配下にあったが、ロワール川以南の多くはシャルル7世が支配していた。1429年にランスでの戴冠後、シャルルは次第に支配域を拡大し、1453年までにヘンリーはカレーを除きフランスの領土の全て失い、百年戦争が終結した。, ルイ16世の子であるルイ=シャルルは、1793年1月21日より1795年6月8日まで名目のみであるがフランス王ルイ17世であった。しかし、実際にはこの期間にわたり幽閉されており、権力は共和国の指導者たちにあった。ルイ17世の没後、その叔父(ルイ16世の弟)ルイ=スタニスラスがルイ18世として王位を主張したが、法的にフランス王となったのは、1814年の王政復古によってである。, 1792年より1804年までフランスは共和政体(第一共和政)であった。1804年にナポレオン・ボナパルトがフランス皇帝として即位した。, 1815年6月22日から7月7日の間、ボナパルティストはナポレオン1世の子ナポレオン2世を正統な帝位継承者と見なした。しかしナポレオン2世はまだ幼く、オーストリアの母の下で育てられており、その統治は一切実体を伴わないものであった。7月7日、ルイ18世が再び王となった。, シャルル10世の長男かつ後継者の王太子ルイ=アントワーヌを、法的にフランス王であったと認めて、ルイ19世とする場合もある。シャルル10世の退位の署名からルイ19世の退位の署名までの間は20分間であった。, 君主制主義者は、シャルル10世の孫アンリ・ダルトワを1830年8月2日から8月9日の間正式にフランス王であったと認め、アンリ5世とする。ただし、これは革命のどさくさに生じたものであり、支配は基本的に実体を伴わっていないため、フランスの国によって認められたことはない。このため公的なフランス君主には通常含めない。, 1848年から1852年は第二共和政であり、1852年に大統領ルイ=ナポレオン・ボナパルトはフランス皇帝に即位した。, この時期は、ナポレオン3世がプロイセン軍に捕らえられ、第二帝政が崩壊してからルイ・ジュール・トロシュ将軍による第三共和政の設立までの過渡期にあたる。, これまでに、君主の子孫にあたる複数の人々がフランスの正統君主として王位を請求し、フランス大統領の権限および他の王位請求者の正統性を否定している。これには以下の集団がある。, https://ja.wikipedia.org/w/index.php?title=フランス君主一覧&oldid=79632858. , シャルル10世の長男かつ後継者の王太子ルイ=アントワーヌを、法的にフランス王であったと認めて、ルイ19世とする場合もある。シャルル10世の退位の署名からルイ19世の退位の署名までの間は20分間であった。 教材づくりを楽しみます。 黒い布で顔を隠して、先の鋭い斧を持った死神のような不気... 今日は西ヨーロッパで1番、経済や工業が発達した国・ドイツの歴史についてわかりやすく解説していきます! 祖父であるルイ15世が、天然痘のため1774年5月9日に64歳で崩御します。これにより翌日5月10日、ルイ・オーギュスト王太子は即位しルイ16世となりました。彼が19歳の時で … ・『年語呂年註』目次ページ バンクーバー留学後、現地貿易会社にてインターン。貿易職を5年、世界30カ国以上の取引に携わる。通信会社にて通訳、翻訳に従事。フリーの翻訳やイベンター、司会業など複数の職を持ち英会話スクールのカウンセラーを併任。ダーリンはアメリカ人、ゆるゆる仲良くやっています。, (右側の写真、窓側にいるのが最後までマリー・テレーズを励まし続けたという叔母エリザベート), (I pardon those who are the cause of my death and declare myself innocent of all of the charges brought against me. ルイ10世(Louis X、1289年 10月4日 - 1316年 6月5日)は、フランス 王(在位:1314年 - 1316年6月5日)およびナバラ 王(ルイス1世、在位:1305年 - 1316年)。 フランス王フィリップ4世とその妃であるナバラ女王フアナ(ジャンヌ)1世の長男。 フィリップ5世、シャルル4世の兄。 家庭教師をしながら覚えやすかったりにくかったりする ルイ16世の有罪は決まり、ギロチン刑に処せられることとなりました。それも、有罪派と無罪派はごくわずかな票差でした!! フランス革命でギロチンにかけられたルイ16世。彼がブルボン王家の血をたやさないよう、亡命を命じた弟こそがのちのルイ18世 (ルイ・スタニラス)でした。しかしルイ16世はマリー・アントワネットら家族とともに国外逃亡を企てるも、ヴァレンヌで捕まり幽閉されてしまします。, ルイ16世の意思を継ぎ、時間はかかるも王党派の力を得てフランスに戻り『ルイ18世』として即位しました。この記事では、フランスに返り咲いた王 ルイ18世についてみていきたいとおもいます。. 古典 806 いつの日か心は晴れむ平城帝 日本史 スポンサーリンク ... *『テンプレ世界史ーモン人』のおまけページです。まだ、覚えてない方は、解説だけでも読んでおくとスムーズに進めます。(クリックで開きます) ① ... 『テンプレ世界史ーベトナムの王朝の変遷』のおまけページです。このページでは各王朝の成立した年と滅亡した年をゴロ合わせで覚えていきます。 2020 All Rights Reserved. ルイ10世(Louis X、1289年10月4日 - 1316年6月5日)は、フランス王(在位:1314年 - 1316年6月5日)およびナバラ王(ルイス1世、在位:1305年 - 1316年)。フランス王フィリップ4世とその妃であるナバラ女王フアナ(ジャンヌ)1世の長男。フィリップ5世、シャルル4世の兄。その治世の中、諸外国との争いに明け暮れたため、強情王または喧嘩王とあだ名される。, ルイ10世の短い治世の中、フランスとブルゴーニュ公国やイングランドとの争いが絶えなかった。王はフランス王軍をブルゴーニュとの境界に動員し、穀物などの禁輸を命じたが、効果を挙げられなかった。, 1316年、ジュ・ド・ポームの後、冷たいワインの飲みすぎで胸膜炎か肺炎になり、ほどなく死亡した。王妃クレマンス・ド・オングリーは妊娠中だったため、子が生まれるまで王弟フィリップが摂政を務めた。ルイ10世の死から5ヵ月後、生まれた子供は男子でジャン1世として即位したが、一週間たたずに夭逝し、王弟フィリップがフィリップ5世として王位を継承した。, 最初の王妃マルグリット・ド・ブルゴーニュ(1290年 - 1315年、1305年結婚)との子供, 2番目の王妃クレマンス・ド・オングリー(1293年 - 1328年、1315年結婚)との子供, イニゴ・アリスタ824-851 / ガルシア・イニゲス851-882 / フォルトゥン・ガルセス882-905, サンチョ1世ガルセス905-925 / ヒメノ・ガルセス925-931 / ガルシア1世サンチェス931-970 / サンチョ2世ガルセス970-994 / ガルシア2世サンチェス994-1004 / サンチョ3世ガルセス1004-1035 / ガルシア3世サンチェス1035-1054 / サンチョ4世ガルセス1054-1076 / サンチョ5世ラミレス1076-1094 / ペドロ1世1094-1104 / アルフォンソ1世1104-1134 / ガルシア・ラミレス1134-1150 / サンチョ6世1150-1194 / サンチョ7世1194-1234, テオバルド1世1234-1253 / テオバルド2世1253-1270 / エンリケ1世1270-1274 / フアナ1世1274-1305, フェリペ1世1284-1305 / ルイス1世1305-1316 / フアン1世1316 / フェリペ2世1316-1322 / カルロス1世1322-1328 / フアナ2世1328-1349, フェリペ3世1328-1343 / カルロス2世1349-1387 / カルロス3世1387-1425 / ブランカ1世1425-1441, フアン2世1425-1479 / カルロス4世(王位請求者)1441-1461 / ブランカ2世(王位請求者)1461-1464 / レオノール1479, フアン3世(共同王)1484-1516 / エンリケ2世1517-1555 / フアナ3世1555-1572, アントニオ(共同王)1555-1562 / エンリケ3世1572-1610 / ルイス2世1610-1620 / フランス王位へ統合, フェルナンド1512-1516 / フアナ1516-1555 / スペイン王位へ統合. (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); 1789年7月、王政に対する民衆の不満が爆発しフランス革命が勃発。ヴェルサイユ宮殿へも暴徒が押し寄せ、子供を含む王族一家は、パリにて幽閉されてしまいます。浪費グセで国民を苦しめたとして、マリー・アントワネットには市民から怒りの声がぶつけられ、なかには根も葉もない噂も混ざっていました。, 1791年6月20日、国王一家は亡命をくわだてパリを脱出しますが、22日にヴァレンヌで逮捕されてしまいます。結果的にこれは国王の権威を底まで失墜させ、国王処刑の原因にもなったいわれています。これがよにいう『ヴァレンヌ事件』ですね。, このヴァレンヌ事件 (脱走事件) により、国王擁護の立場をとっていた国民も、多くが左派になびいて革命はますます急進化。一家は国民の憎悪の的となり、テュイルリー宮はたびたび民衆に攻撃されるようになりました。, マリー・アントワネットとルイ16世、そして子供たちはタンプル塔に幽閉されました。そして一緒に行動していたルイ16世の妹、エリザベートも同じ運命をたどります。(右側の写真、窓側にいるのが最後までマリー・テレーズを励まし続けたという叔母エリザベート). 教科書レベルでいきます。山川出版の世界史の教科書から、本文に言及されているフランス国王をすべて抜き出してみました。特にねらいとするところは, ① まず、上の王朝名と王様の名前が全部言えるようにします。これがこのページの目標です。これをAとします。, ② 更に、それぞれの王様にその代に起こった主な事件や事績を結びつけて、ゴロ合わせで年号も覚えてしまいます。これで近代以前のフランスのおおまかな絶対軸ができる訳です。これがBです。, ③ でも、個別の名前が出てきたときにも、パッと分かりたいものですね。で、目先を変えて同じ名前で「○世」だけが違う王様だけ集めて見分けられるようにします。これはCです。, ① 上の流れはそれぞれ「王朝」ごとにまとめられているので、まず初めに「王朝名」を覚えなくてはいけません。こうおぼえます。, もちろん省略している部分があるので、例えば「カロリン」は「カロリング朝」「ヴァロ」は「ヴァロワ朝」というようにきちんと言いかえられるようにしてください。, 国王の名前を覚えるのと並行して固めていくのはOKです。ただ「このくらいだったらそのままでも覚えられる」というのはあまり好ましくないです。, この二つのうまみが半減、あるいはなくなってしまう可能性があります。暗記が得意な人でも、明日はどうか?一週間後はどうか?一か月後は…?と考えてみてください。, このページの「国王名を覚える」という目標の土台になる部分なので、しっかり覚えましょう。, ② 王朝名を覚えたら、次は国王名ですが、①の王朝名にはメロヴィング朝が入っていませんね。メロヴィング朝は、「フランク王国」の王朝名です。, 「フランク王国」が三つに分裂して、つまり端三つに離れ(843ヴェルダン条約 870メルセン条約)て、今日の「フランス」「イタリア」「ドイツ」のもとになる3つの領域が成立するので、今回のフランスは三つに分裂した内の「西フランク王国」に当たります。「フランク王国」と「フランス」は歴史がつながっている訳です。今日の「France」は別に「フランク」と読んでもいい訳で、ずっとフランクのままとも言えます。, とはいえ、分裂後の「西フランク王国」を「フランス」の始まりと考えるならば、「フランス」の始まりはカロリング朝から、ということになるので、①の王朝名にはメロヴィング朝が入っとらんわけです。, 説明はこれくらいで。カペー朝より前の国王の移り変わりを覚えるのに、アクセントとして良いワンフレーズはこれです。, 「クローヴィスが起こしたメロヴィング朝を廃してカロリング朝を開いたのが(小)ピピンだ」ということです。本当にざっくり経緯が分かるでしょ?, あとは、ピピンの親父の「宮宰カール=マルテル」を覚え、更にピピンの子で、ローマ教皇から西ローマ帝国の「帝冠」を受けた「カール大帝」を覚えたらほぼ完成です。気付きましたか?どちらも「カール」ですね。覚えやすいです。, ③ 問題はここからですが、カペー朝以降、ヴァロワ朝、ブルボン朝の3つの王朝には「フィリップ」「ルイ」「シャルル」「アンリ」など同じ名前がやたらと出てきます。これらに対する対策として一番ベタな方法は、王朝ごとに「フレーズ」で固めてしまうという方法です。これでとりあえずこのページの目的は達します。, *YouTubeにあげている「専用の音声教材」を使います。各王朝のフレーズをクリックしてもつながります。意味はあまり考えなくても聞き流して口ずさんでいるうちに覚えてしまいます。, ⑥ ともかく、フレーズを覚えて名前に直せるようにしておけば、「カペー朝」の必修の国王名を順番に覚えていることになります。, *A段階は以上で終了です。お疲れさまでした。ここまでマスターすれば、とりあえず教科書本文に出てくるフランスの国王名については、どの王朝の何番目に出てくるか知っているということになります。. 【摂関政治年語呂】 国外脱出をくわだてた国王一家はヴァレンヌで逮捕。「国を捨てるのか」とフランスの民衆は憤慨し、国王の権威は失墜。ギロチン処刑にもつながったとされるこの事件、ルイ16世は本当に国を捨てようとしたのか…。今日は王が亡命を試みた本当の理由を探っていきたいとおもいます。. ), ルイ16世は「絶対君主は時代遅れ」だということも感じており、体制崩壊は時間の問題であった. ・初めに中国の王朝の首都をじゅずつなぎで暗唱してしまい、そのあとで中国の王朝の首都になった八つの都市、西安・洛陽・北京・南... *これは『年語呂年註-世界史版』のひとつです。ポルトガル王国の歴史の概略をゴロ合わせにそって見ていきたいと思います。本当に概略ですが、スペイ... *フレーズ確認のために設けたページです。 王位継承、フランス国王へ. ルイ10世(Louis X、1289年 10月4日 - 1316年 6月5日)は、フランス 王(在位:1314年 - 1316年6月5日)およびナバラ 王(ルイス1世、在位:1305年 - 1316年)。 フランス王フィリップ4世とその妃であるナバラ女王フアナ(ジャンヌ)1世の長男。 フィリップ5世、シャルル4世の兄。 ルイ16世は、ブルボン朝第五代のフランス国王(在位:1774年~1792年)です。 ブルボン朝と言えば 「絶対王政」 を敷いた王朝で、その国王は絶大な権力を有していました。 )」だったそうです。, 間も無くして、マリー・アントワネットへも死刑宣告がくだります。1793年10月16日午前11時、牢から出されたマリー・アントワネットは処刑台へとむかいました。ゆっくり市中を引き回され沿道からは、怒りに突き動かされた市民から罵倒が飛び交いました。残されたのは王女マリー・テレーズひとり。叔母とも弟とも引き離され、家族が亡くなったことを彼女は独房のなかで聞くことになります。, フランス革命の最中、兄ルイ16世と王妃マリー・アントワネットの一家と最後まで運命をともにしたのがマダム・エリザベート。自分にも処刑の手が迫ってきていることを知った彼女は、姪マリー・テレーズに対して「掃除をする、部屋の中を歩いて運動する、読書をするなどしてぼーっとしないこと」など生き抜くための知恵を授けたといいます。あまりのストレスからか、解放されたときは失語症のような状態に陥っていたといいますが、唯一生き延びた王女でありました。, 優柔不断だといわれていますが、ルイ16世は家族思いの優しい男性だったといいます。 革命派の指導者でもあったロベス・ピエールも「彼は悪人ではない、王に生まれていなければ平和な人生を歩めたであろう。彼の罪は “なにもしなかった“ということだ」といったほどでありました。, そもそも、ルイ16世が若くして国王となったとき、すでにフランスの財政はガタガタでした。贅のかぎりを尽くしてきた先代の借財がつもり、どうにもならなかったのです。それにアントワネットが拍車をかけたのは事実としても、ルイ16世は有能な者を大蔵大臣として、立て直しを図るも僧侶・貴族は猛反対。他の人物が玉座についていたら、果たして革命は止められたのか…ルイ16世は「絶対君主は時代遅れ」だということも感じており、体制崩壊は時間の問題であったといいます。, ルイ16世は、弟たちを自分とは別のルートで外国へ亡命させていました。一般的に亡命というと、王としての責任を放棄するということを意味しますが、二進も三進も行かないフランス。日々暴徒化する革命政府をなんとかするために、オーストリアへ逃げ、外国政府と交渉をしフランスに戦争をしかけさせ、外からの圧力により革命政府の力を弱めようというのが、本来の狙いでありました。, 「お前たちは逃げて、生き延びて、ブルボン王家の血を絶やさぬように」とルイ・スタニスラスに説き、「余が失敗した場合はその旨を託したい」と弟たちに話していました。事実、ナポレオン治世の晩年には結託した諸外国がいっきにフランスを襲います。そして逃亡に失敗した兄の意思を継いだスタニラスはナポレオンの失脚後、王党派の力もありフランスに戻って『ルイ18世として即位』したのでした。, ルイ18世は即位するとすぐに兄の遺骨調査を命じ、翌年ルイ16世とマリー・アントワネットのものと思われる遺骨を発見しました。遺骨は王家の墓所であるサン・ドニ大聖堂へと写され、王と王妃として正式に埋葬されたのでした。彼らの唯一の子供であり、孤児となったマリー・テレーズは最初伯父であるところの、ルイ18世とシャルル10世を憎んでいたといいます。王党派のなかでも過激なグループの中心となりますが、本来の強靭な精神と心根の美しさから憎しみを上手に消化させ、晩年はシャルル10世の孫たちの母親代りとなり、アントワネットがしたように愛情をたくさん注ぎました。, 父ルイ16世から「憎しみを捨てるように」と諭されていたマリー・テレーズ。ルイ16世は悲しい最後をむかえましたが、彼の想いや優しさはいろんな形で愛する家族により紡がれていったのでした。この時代の出来事を別視点からみた記事はこちら(【恐怖の監禁生活 | マリー・アントワネット】の子供はどうなったのか)にまとめております。. ... 世界史 サン=ジュストの演説は、歴史的には「処女演説」と呼ばれます。この演説での有名なセリフは、「人は罪なくして国王たりえない」、というものです。, わかりやすく言えば、共和政を取るのであれば、国王の存在は罪であり、君主制そのものを裁くべきだということです。あくまでも、国王個人ではなく、その存在に焦点を置いたのですね。, また、国王の存在そのものが罪なのですから、国王自体も罪を犯していることになります。その罪を容認するのであれば、君主制を受け入れなくてはなりません。しかし、サン=ジュストは君主制を受け入れることができない、と続けます。, 彼の理論としては、ルイ16世は「必ず裁かれるべきもの」だったのです。個人が犯した罪ではなく、存在そのものを否定される。なんとも辛いことだと感じます。, 処女演説によって、ジャコバン派は他派に比べ優位に立ちました。正に、ルイ16世を死刑に導いた要因と言えるでしょう。, しかし、うら若き革命家・サン=ジュストの演説は、その中でも最も大きなものであったことは間違いありません。, 嫌な言い方ではありますが、普段相通じない人と団結するためには、共通の敵を作ることが手っ取り早い方法です。, ルイ16世は、庶民の「共通の敵」として、いわば恨みのスケープゴートとして使われたのではないかと思うのです。, 恨みや怒りと言った感情は強いものです。それまでの特別視や、将来を憂える気持ちなど、どこかへ飛んでしまうことでしょう。, 普段あって当たり前のもの。それが無くなると分かったときは、一体どんな気持ちになりますか? 教科書レベルでいきます。山川出版の世界史の教科書から、本文に言及されているフランス国王をすべて抜き出してみました。特にねらいとするところは「同じ名前で 世だけ違う奴が覚え辛い」「数字が飛んだり何度も出てくるのでごっちゃになる」これの克服です , マリー・アントワネットの浪費が庶民の不満を集めたとはいえ、「とばっちり」とも言えるかもしれません。, そんなルイ16世ですから、勿論、死刑を免れる可能性がありました。しかし、結局はギロチンを使った斬首刑。, フランス革命で国王夫妻が処刑された後、権力の座に就いたのが、ロベスピエール率いる「ジャコバン派」と呼ばれる集団でした。ジャコバン派は恐怖政治を敷き、数多くの人々が粛清され、ギロチン刑に処されました。, ジャコバン派の筆頭、ロベスピエールには優秀な右腕が付いていました。美しい見た目で頭も切れる、「革命の大天使」と呼ばれるサン=ジュストです。, ルイ16世の王権は、1792年8月10日に停止されました。それ以降、彼はルイ・カペーと呼ばれ、タンプル塔に幽閉されることとなります。, 元国王がタンプル塔に幽閉されている間、国民公会(民衆から選ばれた人が参加する国会のようなもの)では、「国王を裁判にかけるか否か」でもめていました。国王を裁判にかけたくないジロンド派と、裁判にかけたいジャコバン派(山岳派)で、さまざまな議論がなされていたのです。, 当初はジロンド派が優勢でした。彼らは国王を裁判にかけず、処刑も行いたくないと考えていました。, ジロンド派は共和政を支持する政党です。それが国王の裁判を拒絶するということは、やはりかつて「神聖」だったものを処刑することに恐怖をいだいたのかもしれませんね。, 議会は紛糾しますが、ここでサン=ジュストの演説がはじまります。この演説によって、「ルイ16世は有罪」の方向性が決定したのです。. マリー・アントワネットが目立ちすぎ、ルイ16世は陰に隠れてしまっているからです。, そこで今回は、ルイ16世に焦点を当てて語っていきたいと思います。特に、彼が死刑になった理由は驚愕ものですよ。, ルイ16世は著名な人物ですが、いざ「どんな人物?」と聞かれるとよく分からない人が多いのではないでしょうか。, というのも、歴史の本でも漫画本でも、マリー・アントワネットが注目を集めがちだからです。, 彼はどんな性格で、どんな国王であったのでしょうか。「暗君(バカな王様)」のイメージもあるルイ16世ですが、意外な素顔が見えてきますよ。, ルイ16世は、ブルボン朝第五代のフランス国王(在位:1774年~1792年)です。, ブルボン朝と言えば「絶対王政」を敷いた王朝で、その国王は絶大な権力を有していました。絶対王政を表す有名な言葉に、「朕は国家なり」というものがあります。これはルイ16世の先々代国王ルイ14世が発したとされるものです。, 後述しますが、彼の先代や先々代は飛び抜けた一面を持ち、歴史上に大きく名を残しています。その血を受け継いでいるのだから、彼ももっと目立つ存在であってもおかしくないはずです。, これでは、派手で可愛らしく遊び好きのマリー・アントワネットの陰に隠れても、不思議ではありませんよね。当時のヴェルサイユは着飾り、楽しいダンスやおしゃべりができて「ナンボ」の世界だったわけですから……, ルイ16世の趣味は、狩りと錠前(を開けること)でした。祖父のような女遊びとは縁が無く、生涯で接した女性は、マリー・アントワネットだけと考えられます。, 国王で、自分だけを愛してくれる優しい男性。当時のフランスでなければ、理想的な男性となっていた可能性が高いですよね。, また、当時の王侯貴族には珍しく、庶民のことを真剣に考える優しい国王でもありました。, 当時のフランスで当たり前だった拷問(罪人の自白を促す為)を廃止し、貴族や聖職者、それに民衆を含めた話し合い「三部会」を主宰するなどしました。税金を納める義務を、貴族階級にまで広げようとしたのです(当時は一般民衆だけが税金を納め、国庫を賄っていました)。, フランス革命に至ってもなお、国民の気持ちは国王に向いていました。どれほどマリー・アントワネットの酷評が流れようとも、ルイ16世は庶民に愛されていたのです。, 庶民がルイ16世に向ける愛情は、彼とその妻マリー・アントワネットが革命を逃れ、ヴァレンヌに逃げるまで(ヴァレンヌ逃亡事件)続きました。, ルイ16世は、庶民に愛され、尊敬された国王でした。決して派手ではありませんが、国を思う気持ちを充分に持っていたのです。, 彼が作り上げたものは多く、その一例に、中央集権国家・ヴェルサイユ宮殿・宮廷でのしきたり(マリー・アントワネットが嫌ったものです)などがあります。, ルイ14世によって、ブルボン朝は最大の繁栄期を迎えました。しかし、度重なる戦争によって、国庫はひっ迫。この財政難はルイ16世の時代に至っても解決することはありませんでした。, フランス革命が重税や飢饉に苦しむ民衆の決起だと考えるのであれば、その元凶を作ったのはルイ14世だと言えるかもしれませんね。, ついたあだ名からして、ルイ15世がどんな人物か分かるでしょう。彼は数多くの女性を愛したことで知られる国王です。例えば、ポンパドゥール夫人やデュ・バリー夫人が有名です。, ルイ15世は、それぞれの愛人と子供を作っています。また、正妻との間にも11人の子供がいますから、その凄まじさが分かりますよね。, 自分専用に美女を集めた場所(巨乳が好きだったというウワサです……)を作っていたとも言われていますので、その女好きは半端ないものだった訳です。, 国王の愛人にまで上り詰める女性は、気の強い人が多いものです。ここに、ルイ16世が奥手な理由が垣間見えますよね……, 革命が起こった夜、彼が日記に「なにもなし」と書いた逸話は有名ですよね。この逸話によって、ルイ16世は異変に気が付くことのできない、「愚鈍な王様」というイメージが出来上がってしまったのです。, 筆者は、子供の頃にマリー・アントワネットの伝記漫画を読んだことがあります。その中でルイ16世は大食いで無神経な、無能な王様として描かれていたことを覚えています。, さて、ルイ16世はフランス革命が起こると、華やかなヴェルサイユ宮殿からテュイルリー宮殿に移されることになりました。, ルイ16世夫妻は、この宮殿から逃げ出そうと考えます。一説には、マリー・アントワネットが母国オーストリアの力を借りて、亡命しようとしたのだとも言われています。, そこで、ベルばらにも登場するハンス・アクセル・フォン・フェルセンの力を借り、国王一家はテュイルリー宮殿を逃げ出します。これが有名な「ヴァレンヌ逃亡事件」です。, フェルセンはマリー・アントワネットの愛人とも言われています。しかし、彼が国王一家の逃亡を果敢に助けたことは事実です。, しかし、ルイ16世たちの逃亡は失敗。彼らはパリに連れ戻され、軟禁生活を強いられることとなってしまいます。, そう民衆に思わせてしまったことで、「国王は敵」というイメージを植え付けてしまったのです。, これ以後、ルイ16世は転落の一途を辿ってしまいます。それまでは親国王派が多く、国王と民衆が共生する道を選ぼうとする(立憲君主制)考えが主力であったにも関わらず、この事件によって反国王派が力を持ったのです。, 結果として、ルイ16世夫妻とその子供達はタンプル塔に幽閉されることとなってしまいます。そうして、ギロチン刑に処される結末となりました。, ギロチンの考案には、ルイ16世も関わっていたとされています。具体的には、ギロチンの歯を斜めにすることで、首を切り落としやすくなると助言したのです。, ルイ16世が理系であり、頭が良かったという証明のような話ですが、皮肉なエピソードでもありますよね。, ヴァレンヌへ向けて出発する際、国王一家は大きな馬車を選びました。その馬車には、マリー・アントワネットの装飾品や食料、ワインなどが大量に積み込まれていました。, ただでさえ、足の遅い大きな馬車のこと。その上荷物が多ければ、どうしてもスピードは出ません。挙句の果てに、ルイ16世は道中、ゆっくりと食事を楽しんでいました。, ルイ16世が愚鈍な大食いかはさておき、食べることが好きだったのは間違いがないようです。, 上記で見てきたルイ16世は、決して悪人とは言えませんよね。いくらフランスの国庫がひっ迫し、庶民に重税が課せられていたとしても、そもそもの原因は彼の先代や先々代が招いたものです(勿論、ルイ16世にも責任はありますが)。, ただ単に、ルイ16世の時代に不満の爆発として革命が起こってしまった、という形です。 2020 All Rights Reserved. そうしてタンプル塔での幽閉生活がはじまりました。湿気が多くジメジメしてとても環境が良い場所ではありませんでしたが、最初の頃は家族は一緒にいることができ、幽閉生活とはいえ家族でチェスを楽しんだり、子供の勉強を見たりするなど、家族団らんの時間がありました。つかの間とはいえ、最初の生活はそこまで悪くはなかったものですが…. 王家への信頼が戻ることも状況がよくなることもなく、1793年1月、革命裁判により、ルイ16世への死刑判決が下りました。彼の最後の言葉は「余を死に至らしめた者を許しましょう。余にあげられている罪について、無実であることをここに宣言します (I pardon those who are the cause of my death and declare myself innocent of all of the charges brought against me. スポンサーリンク 1 フランス革命下での、国王一家. 1870年、ドイツ帝国が統一する... https://history-go.com/wp-content/uploads/2020/08/IHOUJIN-2.png, FODプレミアム を無料お試しする方法!AmazonPayで2週間無料!お得に視聴できる!, FODの見逃し配信はいつから見れるの?無料で昨日のドラマが見たい!録画忘れ!の対処法. 2.1 タンプル塔への幽閉、暮らしぶりは悪くなかったが…; 2.2 次々と殺されていき、残ったのは… 独学で通訳になったNaaの1日5分で明日が変わるブログ Copyright© これも例によって教科書レベルでいきます。山川出版の世界史の教科書から、本文に言及されているヨーロッパ建築の美術様式を抜き出してみました。ねら... 中国王朝の首都 孫であるベリー公(のちのルイ16世)を後継者として、ルイ15世は1774年5月10日に64歳の生涯を終えてしまいます。 放蕩により、フランスの財政を悪化させていた彼の葬儀は行われず、ひっそりとフランス歴代の国王が眠る聖廟サン・ドニに埋葬されたそうです。 フランス革命でギロチンにかけられたルイ16世。彼がブルボン王家の血をたやさないよう、亡命を命じた弟こそがのちの『ルイ18世』でした。この記事では、フランス革命とナポレオンに引っ掻き回されたフランスで、国王に返り咲いたルイ18世についてみていきます。 ・『年語呂年註』目次ページ ルイ 15 世とは (Louis XV France by Louis-Michel van Loo 002) ルイ15世は、ブルボン朝第4代のフランス国王 。 わずか 5 歳にて即位したルイ15世ですが、とても幼く当然政治に手はつけられません。 彼が 13 歳の誕生日を迎えるまでは、ルイ 14 世の甥に当たるオルレアン公フィリップ 2 世が摂政とし … 作者についてくわしくはこちらで. 807 濡れぎぬで死... ・基本的に覚えられるなら自由に覚えてもらって構いませんが、以下ちょっとした『コツ』を挙げておきます。 ルイ16世(フランス語: Louis XVI、1754年8月23日 - 1793年1月21日)は、ブルボン朝第5代のフランス国王(在位:1774年5月10日 - 1792年8月10日)。ナバラ国王としてはルイス5世(バスク語: Luis V.a)。ルイ15世の孫。王妃は神聖ローマ皇帝フランツ1世と皇后マリア・テレジアの娘マリー・アントワネット。 もともとの感情が良かれ悪しかれ、少しくらいは動揺してしまうと思います。, 当時の民衆は、国王のいない世界を知りません。それはこれから作り上げるもので、なにも分からない未来に進もうとしているのです。そのための原動力が、ルイ16世やその妻マリー・アントワネットに向けての憎悪だったように感じます。, サン=ジュストやロベスピエールは、もっと理論的に国王廃止を考えていたことでしょう。しかし、一般の庶民にそれを求めることには無理があります。, ルイ16世の首が落ちたとき、民衆はこぞってその血にハンカチを浸したといいます。また、巷で囁かれていた「ルイ16世救出計画」は、決行されることはありませんでした。, もともと、革命前からマリー・アントワネットの悪評は凄まじいものでした。ほとんどがデマだとは言っても、メディアの発展していない当時のことです。どれだけ頑張ったとしても、打ち消すことは不可能です。, その上、マリー・アントワネットは「悪口はいわせておけ」といった態度を貫きました。これでは、火消しなんてできませんし、その態度に怒りはより高まります。必然的に、彼女を諫めることのできないルイ16世にも、怒りや憎しみが集まったのです。, マリー・アントワネット自体も悪人ではありませんが、「考えが足りない」と言わざるを得ませんね。, こうした以前からの土壌が、サン=ジュストやロベスピエールを生み出し、ルイ16世の運命を決定づけたのではないでしょうか。, 「もっと早くに、ルイ16世が行動していれば」と考えても、今やもう、あとの祭りです。, そんなイメージを抱かれがちなルイ16世ですが、本当の姿は善良な人間でした。本来であれば、処刑されるような国王では無かったはずです。, フランス革命期の歴史を学んでいると、暗い話ばかりで気が重くなります。しかし近年、ルイ16世の評価が変わってきています。人道的な、先進的な考えを持った国王として、再評価されつつあります。, そういったルイ16世の評価が当たり前の世の中にならないかなぁ、と、筆者は心の中で思っています。, の力を借り、国王一家はテュイルリー宮殿を逃げ出します。これが有名な「ヴァレンヌ逃亡事件」です。, また、国王の存在そのものが罪なのですから、国王自体も罪を犯していることになります。その罪を容認するのであれば、君主制を受け入れなくてはなりません。しかし、サン=ジュストは君主制を受け入れることができない. Copyright© 独学で通訳になったNaaの1日5分で明日が変わるブログ ・ニワトリ古典... これは『年語呂年註』中学生用の『公民特集』です。中学生向けの歴史年号ゴロ合わせを紹介しています。世界史版はこちらにあります。日本史版はこちら... *これは『年語呂年註―ローマ年語呂』の一部です。このページでは『帝政ローマ』の概略をゴロ合わせで覚えていきます。(下線部はクリックで開きます... 名前: ノリ巻ノリ男 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); のちにフランス国王となるルイ18世は、1755年11月ヴェルサイユ宮殿で生まれました。8人の子供のうちの5人目で、出生当時、父親と2人の兄に続いてフランス王位継承順位は4位でした。洗礼式ではルイ・スタニスラス・ザビエルの名を与えられ、生まれたときから『プロヴァンス伯』と呼ばれていました。, こちらが、彼が主に関わっていくこととなる兄弟です。フランス王ルイ16世はもとより、弟はシャルル10世としてのちにフランス王となる人物、妹エリザベートは、兄ルイ16世の一家と最後まで行動をともにしましたが、最終的に革命政府により処刑されてしまいました。, ルイス・スタニスラスは兄のルイ・オーギュスト(16世) とともに家庭教師によって教育を受けました。1765年に父親ルイ15世が亡くなったとき、彼はフランスの王位継承順位2位になます。1771年正規の教育を終えて独立しましたが、スタニラスはプロヴァンス伯 (プロヴァンス地方を支配した諸侯) の地位を維持しました。, 1ヶ月後の1771年5月、ルイ・スタニラスはヴェルサイユ宮殿で、サルデニーニャの王女マリーと結婚しました。ルイは花嫁にたいして「醜く嫌悪すべき性格」だと語り、結婚生活は決して幸せなものとはいえませんでした。妃は何度か流産をかさねますが、子供を授かることはありませんでした。, 1774年4月に国王ルイ15世が死去し、ルイ・スタニスラスの兄であるルイ・オーギュストが後を継ぎ、ルイ16世となりました。1781年にルイ16世に息子が生まれたので、ルイ・スタニスラスはフランスの王位継承権は少し遠くなり、兄の治世中比較的私的で平穏な生活を送っていました。彼はベルサイユの小さなパビリオンに愛人を据え、多くの時間をそこで過ごして膨大な蔵書を作り上げました。, 1789年7月バスティーユの襲撃事件でフランス革命の火種があがります。ルイ16世はヴェルサイユにとどまることを選び、末弟 (後の国王シャルル10世) は国を出てサルデーニャに落ち着きました。革命の波は巨大化するばかり、兄はヴェルサイユ宮殿でしばらく通常の生活を送ることができましたが、その年の10月にパリに強制送還されました。ルイ・スタニスラスと彼の妻はルクセンブルク宮殿に住居を構えますが、1791年6月、妃と愛人をつれてオーストリア・オランダに逃れました。兄ルイ16世の命であった、といわれています。, 1792年9月には王制が正式に廃止され、翌1月に国王ルイ16世が処刑されました。そして1795年に国王の息子 (ルイ・シャルル) が虐待による消耗で亡くなったあとは、ルイ・スタニスラスがフランス国王の有力な後継者候補となりました。1798年、全ロシア皇帝パウロ1世から (現在のラトビア) のエルガバ宮殿の使用を譲ってもらい、また、莫大な金額の支援もうけました。, エルガバにおいて、ルイ・スタニスラスはヴェルサイユ宮殿とそれに伴うすべての華麗さと儀式を再現しようと試みました。彼は唯一生き延びたアントワネットの娘であり姪のマリー・テレーズと甥のルイ・アントワーヌ (アングレーム公) を1799年にエルガヴァで結婚させる手はずを整えました。そしてブルボン家をフランスの王位に戻すため、フランス皇帝となっていたナポレオンボナパルトとの交渉を開始しようと努力しました。, 1801年にエルガワを離れることを余儀なくされた後、ルイ・スタニスラスはワルシャワ(当時はプロイセン南部の一部)に移りました。2年後、ナポレオンはルイに王位継承権を放棄させようとしましたが、もちろんルイは拒否しました。1804年にナポレオンがフランス皇帝を宣言した後、プロイセン王によりプロイセン領を追われたルイは、全ロシアの皇帝アレクサンドル1世の招きでコートランドのエルガワ宮殿に戻りました。しかし、1807年にはそれも危うくなり、彼は短期間スウェーデンを旅した後、イングランドに移ります。, 1808年彼は妻をイギリスに連れて行き、バッキンガムシャーのハートウェルハウスに引っ越します。国王が家賃を支払い、2人は皇太子(未来のジョージ4世)とも親密な関係を築き、資金的な援助や、英国への永住権も与えられました。, ロシア遠征で大敗を喫し、皇帝の座を追われ島流しとなったナポレオン。1814年4月、ナポレオンの失脚後、フランス上院はブルボンをフランスの王位に戻しました。ルイ・スタニスラスは正式に『ルイ18世』として即位、ルイ16世の悲願はようやくここに叶えられたのでした。ルイ18世がフランスに戻ってくるまでは少し時間があり、その間は弟のシャルル (のちのシャルル10世) が王国の中将として仕えました。そしてルイ18世は5月初めにパリに到着し、すぐにテュイルリー宮殿に住居を構えます。, しかしフランスの君主制は、革命前とは大きく異なっていました。ルイ18世は就任してすぐに、新しい憲法を確立するよう圧力をかけられて、1814年の憲章を発行し二院制の立法府を設しました。彼はまた、1814年5月30日にパリ条約 (ヨーロッパの七年戦争と北アメリカ大陸のフレンチ・インディアン戦争とインドのカーナティック戦争などの講和条約) にも署名しました。過激な王党派もいましたが、彼はどちらかというと中立的な立場をとり、王権復古をとなえ過激派グループの中心となったアントワネットの娘、マリー・テレーズとはたびたび衝突したといわれています。, 皇帝の座を追われ島流しとなったナポレオンでしたが、1815年2月エルバ島を脱出しフランスへ戻ってきます。ナポレオンに味方する大軍もあらわれパリは陥落、王は都市から逃れ、オランダに住居を構えました。またもや亡命生活となったわけですが、ナポレオンは1815年6月のワーテルローの戦いで再び敗れ、ルイ18世は元の座に戻ることができました。(世に言う、ナポレオンの100日天下ですね), 国王ルイ18世は復権後、よくも悪くも自ら政治における役割を多くの廷臣に任せました。ルイ16世に似て穏やかな人物だったといわれています。ルイ18世は1824年の初めに痛風、壊疽などが悪化し、1824年ルーブル宮殿で亡くなりました。後継として王位についたのは、弟シャルル10世でした。ルイ18世の治世はわずか1年でしたがルイ16世らの遺体をを正式に埋葬し、彼らの子供マリー・テレーズの道をひらき、ブルボン家に王位を取り戻した偉大な男性。治世は短くとも、生涯を通じて彼が世の中に与えた影響ははかりしれないものでしょう。(前章についてはこちら【ヴァレンヌ事件】ルイ16世が、亡命をくわだてた本当の理由) にまとめております。. 孫であるベリー公(のちのルイ16世)を後継者として、ルイ15世は1774年5月10日に64歳の生涯を終えてしまいます。 放蕩により、フランスの財政を悪化させていた彼の葬儀は行われず、ひっそりとフランス歴代の国王が眠る聖廟サン・ドニに埋葬されたそうです。

フィット ハイブリッド Sパッケージ 装備, ホットケーキミックス 300g スコーン, Twitter 画像 自動保存 Ifttt, 50代 ランニング ペース, ディスプレイ ごと に 拡大, すき焼き レシピ 人気 フライパン, ホットサンド フライパン 卵, 櫻井有吉 The 夜会レシピ, バナナ さつまいも ホットケーキミックス, クラブユース選手権 2020 関東 速報, ひき肉 チーズ じゃがいも, はずがない 英語 Must Not, 北玄関 間取り 38坪, 白菜 ツナ 子供, ひまわり ドライフラワー グリセリン, ハイエース 網戸 フロント, スウェット 上下 レディース アディダス, グーグル カレンダー 何年 保存, 袖長い シャツ レディース, 古物台帳 書き方 ブックオフ, 鮭フレーク お弁当 かわいい, アクア ドアミラーカバー 交換, なぜ で覚える 英文 法, メルカリ月イチ払い 払わないと どうなる, 子宮頸がん 発覚 きっかけ, 池袋 肉バル カルネ,