ヘンリー王子 引退

ヘンリー王子夫婦が英王室を離脱、王族からの引退の理由はそこら辺にありそうです。 今後、 ヘンリー 王子夫妻は英王室を離脱! これから先、ヘンリー王子とメーガン妃は、英王室の初号を破棄する可能性あるのではないかと言われています。  夫妻は英国とカナダを行き来して生活するが、ウィンザーの自宅は英国滞在時の拠点として所有を続ける。ただ、今後の夫妻一家の身辺警護をどう手配するかや、費用を誰が負担するかは明らかになっていない。 ヘンリー王子夫妻、英王室「離脱」 公務引退し称号返上 2020年01月19日14時02分 ヘンリー英王子(左)とメーガン妃=2018年6月、ロンドン(dpa時事) 今年3月末をもって英王室の主要王族から引退し、「経済的自立を目指す」と宣言していたヘンリー王子とメーガン妃。 夫妻にとって、Netflixとの超大型契約の締結は悲願の成就と言っても過言ではない。  女王も18日声明を出し、「私の孫とその家族が前へ進む、建設的で協力的な道を共に見つけられたことを喜ばしく思う」と表明。夫妻がメディアから過度な注目を受け、困難を経験してきたと強調し、「より干渉を受けない人生を求める彼らの望みを支持する」と述べた。, ご当地グルメの誘客支援 「おうち外食」需要開拓―ローソン(10/29 00:06). イギリス王室のヘンリー王子が、年明けから世間を騒がせている王室離脱騒動について公の場で初めてコメントした。(フロントロウ編集部), クリッシー・テイゲン、死産した子供との写真を撮影&公開にふみきった「理由」に心打たれる. © 2017- 【ロンドン時事】英王室は18日、声明を出し、ヘンリー王子夫妻が今春から王室の公務を行わず、王族の称号「ロイヤルハイネス」(殿下・妃殿下)を使用しないことになったと発表した。公金も受け取らない。王室からの事実上の「離脱」で、王室を離れたいと「引退宣言」していた夫妻の意向が認められた形だ。, チャールズ皇太子と故ダイアナ元皇太子妃の次男であるヘンリー王子は王位継承順位第6位。「シニアロイヤル」と呼ばれる主要王族が自らの意思で王室から退く異例の事態となり、長い伝統を誇る英王室は大きな転換点を迎えた。, 声明によると、夫妻はエリザベス女王の代理として公務を行わない。ロンドン近郊ウィンザーの自宅改修のために使われた公金240万ポンド(約3億4400万円)も返金する意向。 「ハリー、メーガン、アーチーはこの先も私にとって愛する家族です。過去2年間にわたって様々な困難を経験したことが、彼らに今回の決断をさせたことを理解しています。独立した生活を送りたいという彼らの意思を尊重します」, The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal)がシェアした投稿. 株式会社オウトグラフ プロダクション This article is a sponsored article by ''. ヘンリー王子とメーガン妃がイギリス王室の高位王族メンバーから「引退」すると発表して、引退理由や王子の収入などについてさまざまな批判が起こっています。イギリスの反応について調べてみました。 ヘンリー王子「女王に背き」引退発表 英王室、解決急ぐ 2020年1月10日 4:39 発信地:ロンドン/英国 [ 英国 ヨーロッパ ] このニュースをシェア 先日、公式インスタグラムアカウント「@SussexRoyal」を通じて、イギリス王室の高位王族の座を退くことを発表し、全世界に衝撃をもたらしたヘンリー王子とメーガン妃。その後、2人の今後について話し合うため、エリザベス女王、チャールズ皇太子、ウィリアム王子、ヘンリー王子の4人による緊急家族会議が開催され、国家の元首で一族の主でもあるエリザベス女王からの「全面的な支持」を得て、2人が王室から離脱することが正式に決定。それから数日後の英現地時間1月18日、ヘンリー王子とメーガン妃が今春で公務を引退し、王族の称号を返還することが発表された。, 今回の合意によって、2人は王族への敬称である「ロイヤルハイネス(殿下および妃殿下)」の称号を失うことになる。ただし、結婚時に与えられたサセックス公爵およびサセックス公爵夫人の称号は、王室離脱後も継続して使用するという。また、当初から言われていたように、今後は王室助成金に頼らず経済的に自立するそうで、夫妻がイギリスでの生活の拠点にしているフロッグモア・コテージの改修にかかった費用、約3億4,000万円も返済する方針であることが明らかにされた。, ちなみに、エリザベス女王はその後発表した声明文のなかで、ヘンリー王子一家に向けて、「ハリー、メーガン、アーチーはこの先も私にとって愛する家族です。過去2年間にわたって様々な困難を経験したことが、彼らに今回の決断をさせたことを理解しています。独立した生活を送りたいという彼らの意思を尊重します」とエールをおくっている。, The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal)がシェアした投稿 - 2020年 1月月18日午前10時30分PST, 公務引退と称号返還の発表から一夜明けた現地時間1月19日、英ロンドン市内で行なわれた講演に登場したヘンリー王子が、公の場で初めて王室離脱騒動について自らの口で真実を語った。, The Duke and Duchess of Sussex(@sussexroyal)がシェアした投稿 - 2020年 1月月19日午後2時00分PST, 「まずはじめに、この数週間、様々なウワサを聞いたり読んだりしたと思います。なので、みなさんには私の口から可能な限り真実をお話ししたいと思います。王子としても、公爵としてでもなく、ここにいる多くの方が35年前から成長を見守ってきて下さったハリーという1人の人間として、より明確な視点からご説明させてください。, イギリスが私にとって故郷であり、愛する場所であることはこの先も変わりません。つねにみなさんのサポートを感じながら育ってきました。みなさんは私が愛と幸せを見つける過程を見守ってくださり、メーガンのことも温かく迎え入れてくださいました。ダイアナの第2子がやっと結婚することになって、“やったね”と。, 私が妻として選んだ女性が、私と同じ価値観を持つ人間であるとみなさんが信じてくれたのは、長い年月を通して築き上げた信頼関係によるものだと私は思っています。彼女は今も私が恋に落ちた時の彼女のままです。自分たちの信念を貫き、誇りを持ってこの国での役割を続けるために、できることはすべてしました。結婚して間もない頃の私とメーガンは、(将来に)ワクワクしていました。希望に満ちあふれていました。そしてなにより、この国に奉仕する心づもりでした。, だからこそ、このような結末を迎えてしまったことを大変悲しく思っています。私と妻が下した決断は、決して簡単なものではありませんでした。長年の課題であったこの問題について、私たちは何ヵ月も前から話し合いを重ねてきました。自分がつねに正しい選択をしてきたとは思っていませんが、今回の件に関してはこうするほかなかったのです。でも、逃げ出そうとしているわけではないということだけは、明確にしておきます。もちろん、みなさんのことを見捨てたわけでもありません。, 私たちは、(国民の税金から支払われる)王室助成金を受け取ることなく、女王、そしてイギリス軍への奉仕を続けていくことを希望していましたが、残念ながらそれは叶いませんでした。私はすべてを受けて入れることにしました。なぜなら、(たとえ王室を離脱しても)私自身が変わることも、私の信念が変わることもないからです。この先に待っているであろう平穏な人生を手に入れるために、私にとってすべてである家族のもとを去ることを、少しでもご理解頂けたら幸いです。, 私は王族の一員として生まれてきました。この国と女王に仕えることができて本当に光栄でした。23年前に母を失ってから私の面倒を見てくれたのはみなさんです。ずいぶんと長い間、みなさんは私のことを見守ってくださいました。しかし、メディアが持つ力はとても強力なものです。私の願いは、みなさんが支え合うことで生まれる集団の力が、いつかメディアの力を超えることです。私たちだけではどうにもならないことも集団なら違います。みなさんに奉仕できたことは私にとって大変な名誉です。私たちは今後の人生においても奉仕を続けていくつもりです。, 最後に私の司令官でもある祖母に最大限の敬意を払います。この数ヵ月間、私とメーガンのことを支え続けてくれた女王と家族全員に大いに感謝しています。今後も変わらずこの国を大切に思い、世の中のためになる活動やチャリティ、軍のコミュニティをサポートすることに人生を捧げる所存です。, みなさんには人生の教訓を教えてもらいました。(ロイヤルファミリーとしての)役割を通して“正しい”ことの先にある、より大切なものも学びました。この先どうなるかわかりませんが、やるしかありません。次のステップに進む勇気をくださったことをみなさんに感謝しています」, 本サイトに掲載されているコンテンツ(記事・画像)の著作権は「株式会社オウトグラフ・プロダクション」に帰属します。他サイトや他媒体(テレビ、ラジオ、キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、アプリ、ブログ、雑誌、フリーペーパーなど)へ、弊社著作権コンテンツ(記事・画像)を無断で引用・転載することは禁止です。無断掲載にあたっては掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。ご了承ください。. 【1月10日 AFP】英国の高位王族の地位から退くと表明したヘンリー王子(Prince Harry)とメーガン妃(Meghan, Duchess of Sussex)の電撃発表は、英王室を揺るがす危機に発展している。英メディアによると、王子夫妻はエリザベス女王(Queen Elizabeth II)の意向に背いて発表を強行。女王を含む主要王室メンバーは側近らに対し、早急な問題解決を要請した。, ヘンリー王子とメーガン妃はこの声明を、夫妻の公式ウェブサイトとインスタグラム(Instagram)アカウント、バッキンガム宮殿(Buckingham Palace)の電子メール通信システムを通じて発表。英国メディアによると、発表については祖母のエリザベス女王も、父親で王位継承順位1位のチャールズ皇太子(Prince Charles)も事前通知を受けていなかった。, ロンドンの夕刊紙イブニング・スタンダード(Evening Standard)は、王子夫妻が、将来の計画について現段階では公表しないようにとの「女王の明白な指示に背いた」と報道。夫妻は王室の高官からも「これにより処罰を受けることになる」と警告されていたと伝えた。, 通信社プレス・アソシエーション(PA)とテレビ局スカイニューズ(Sky News)は、匿名のバッキンガム宮殿筋の話として、エリザベス女王とチャールズ皇太子、ウィリアム王子(Prince William)が「実行可能な解決策」を「数週間ではなく数日以内」に見つけるよう要請したと報じた。, 英王室に詳しいリチャード・フィッツウィリアムズ(Richard Fitzwilliams)氏はAFPに対し、王子夫妻が女王の承認を得ずに発表を行ったことは「異例」と指摘。「これは夫妻が王室の役割に不満があり、大きな重圧を感じているという事実を明らかに示すものだ」とし、「夫妻は命令に背くことを選んだ。これにより、非常に深刻な結果が生じるかもしれない」と述べた。(c)AFP, AFPBB Newsに掲載している写真・見出し・記事の無断使用を禁じます。 © AFPBB News. All rights reserved. ヘンリー王子が自分の口で真実を語る 公務引退と称号返還の発表から一夜明けた現地時間1月19日、英ロンドン市内で行なわれた講演に登場したヘンリー王子が、公の場で初めて王室離脱騒動について自らの口で真実を語った。 英国の王位継承順位6位であるヘンリー王子とメーガン妃夫妻が「シニアロイヤル」といわれる上級王族の地位から退くという声明を出したことを時事通信、読売新聞ほか報道各紙が報じました。. 玉川徹氏、ヘンリー王子の王室引退で「王室に生まれちゃったってことでしょ。 彼には何の責任もない」 羽鳥アナと白熱の議論 2020.01.10

木更津アウトレット おすすめ お土産, 株 イケダ 照明, 買ってよかったもの 日用品, グウェント 2ch, デヴィ夫人 東洋の真珠, オクトパス トラベラー だるい, Uqモバイル Iphone 圏外, 宝くじ売り場 大阪 営業中, アサシンクリード3 リマスター 攻略, 東京2020協賛ジャンボミニ 確率, デンマーク チェスト チーク, 今宮健太 衛藤美彩, アサシンクリードオデッセイ Dlc 感想, エレン 巨人化 骨, 家電 値引き まとめ買い, ソファ アウトレット 東京, デヴィ夫人 何ヶ国語, ららぽーと横浜 プラザ, 全仏オープン 2020速報女子, レリアン 中村江里子, よりひと きら さん, ダイニングチェア 回転 おすすめ, 歌手 男性ソロ カタカナ, 収納 付き ベッド 左側, Draw 過去分詞, 乾 テニプリ 名言, 北山たけし 大江裕 コンサート, 明日のナージャ ブローチ, ダイニングチェア 革 張替え, ウィッチャー3 アップデート 内容, テレビ台 一人暮らし アイデア, オードリー なんj, ヤマダ電機 アウトレット, 長山洋子 おニャン子 会員番号, 森唯斗 私服,