ダニエル書 終末

その40年戦争が終結する日も2018年だという事です 上記の差別無く、善良な人であれば全て主が救ってくれる事を願いますし、私が考える全能の創造主とはそういうものです。, 例えば私がクリスチャンになって善行を重ねて天国に行っても、善良そのものなのにクリスチャンではないからといった理由で地獄に落ちる人がいたら。 都市部に住ん人達も朝から晩まで働いて立派ですが、農村部の人達の大らかさ、親切さと言ったら素晴らしいものです。 でも多分、それが怖いから敬虔なクリスチャンになってこれからを悔い改める、とかはちょっと自分のやるべき事ではないな、って思います。, 寧ろ、民族、国境、人種、言語、信仰を問わず、善良な人は確かにいます。それも多く存在している。 行ったとしても週に一回とか二回とか?, 貧しい国の貧しい人は永遠に貧しくあるように作られているんです。 画像は、You Tubeより。ダニエル 『旧約聖書』にある「ダニエル書」に、人類の終末が示されているというのをご存じだろうか。 時は紀元前6世紀。ネブカドネザ…(1/3) でも気になる事があって、子供は元気に笑ってそこら中にいるんですが、どうやら学校に行ってない。 まあ、そういう事もあるかも知れない。, 残念ながら、私は犯罪的も無く、そこそこ真面目に働いてはきたけど、人を傷付けたり不道徳な事をしたりとすっかり汚れてる。キリスト教徒ですらなく、どちらかと言えば仏教徒でしかも大して信心深くもない。, 正直怖いですよ、地獄。 嘆き悲しむ人は幸いです」とありますが、まさにあなた様は、その幸いな人に当てはまっています。, このような罪が蔓延る世界の中で、私たちの唯一の希望となるもの、それが来るべき神の御国「千年王国」です。 上記の山上の垂訓の中で「幸いなひとたち」を読んでみて下さい。 http://true-ark.com/bible-faq-hell-suffering-reason/, 因みに、最後の審判って近いのかな?と最近は恐々としています。シリアやイラクで武装勢力が好き放題、アメリカを筆頭に空爆の繰り返し、果ては生活の場も経済や流通も壊れて生活できなくなった難民がEU諸国に流れ込む。その人らは仕事になかなか就けないし、難民が犯罪を犯すのも珍しくない。 (ウェブ上には掲載しません). http://true-ark.com/bible-faq-hell-suffering-reason/, お気持ちとてもよくわかります。だからこそ、聖書を学んでいく時に、とても重要な点があります。それは、神がどのようなお方かを十分に知る前に、自分の中で「こうあるべきだ」「こうあって欲しい」という何らかの信条があると、それが邪魔をして真実に到達できなくなる可能性がある、ということです。つまり、最終的には、疑問に感じる点については、神の正しさを信じるよりも、自分の正しさを信じてしまうわけです。, Check here to Subscribe to notifications for new posts, Bible Studyのご案内:イエスの名による悪魔の束縛からの解放|解放の実践あり, Bible Studyのご案内と結果報告:イエスの名によって病を癒す方法|癒しの実践あり, Bible Studyのご案内:恵み・信仰・行い・救いの関係について〜使徒たちと初代教会が教えていたこと, 聖書の学び会 Bible Study と弟子訓練のお知らせ(内容は更新されています), Powered by  - Designed with the Hueman theme, http://true-ark.com/bible-faq-hell-suffering-reason/, http://true-ark.com/sermon-mount-intro/#list, ノアの箱船(方舟)と大洪水の伝説は、歴史的事実なのか? – True Ark Bible. ダニエル書、黙示録はことばを揃えて終末の日に「獣」と呼ばれる世界帝国が出現することを語る。 その世界帝国の強権、圧迫、強制の下で、全世界のクリスチャンに対して、反キリスト礼拝が強要されること、さらに3年半の艱難時代が到来することを語る。 イスラエル民族は、アブラハムの時に神の全人類への救いのメッセージを伝えるために神に用いられました。, ところが,イスラエル民族の一部の指導層はそのメッセージを自分たちの救いのためと勘違いしてしまいました。そして、指導者層は神の救いの言葉を自分たちに都合よく独占し、名誉と権力の保身に走りました。, 神が共におられるときはイスラエルは救われ、神にそむくときイスラエルは罰を受ける。そして、悔いあらためれば赦される。そのような歴史を神と共に歩んできました。, それは、紀元前約2000年前にアブラハムの時になされた神との契約である創世記第13章16節の「あなたの子孫を大地の砂粒のようにする。, 大地の砂粒が数えきれないように、あなたの子孫も数えきれないであろう。」の出エジプト体験からくる信仰でした。, だからたとえ災いが民に及んでも、神に従い続けるなら、神は必ずその契約を思い起こして、神の民であるわれわれを救ってくださるという強い信仰がありました。, ところが、紀元前400年くらいのダニエル書後半では、出エジプト体験に基づくイスラエルの救済ではなく、「天の雲に乗って」全世界に来臨する人の子による終末的救済が開示されたのです。, それでは、今回の主題である旧約聖書ダニエル書の黙示による終末と復活思想を見てみたいと思います。, ダニエル書による黙示思想の特徴は、神の定めによる時代的な区分、人の子の到来による終末、人間の復活と裁き、神のみ国の到来、天上での神の会議です。, ダニエル書の背景には、帝国の圧倒的な宗教破壊があり、イエスの御霊がダニエルに幻を持って開示された苦悩から生まれた希望の書だと思います。, その理由は,黙示文学に現れている宇宙の秩序づけとこれに基づく終末論は、イスラエルの知恵の伝統である、比喩、教え、問いかけ、謎の解釈の手法によらなければ不可能であるといえるからです。, また、ダニエルの黙示は、イスラエル民族を中心とした救済史だけではなく、宇宙の歴史という広範な領域へ見方が開かれています。, それは、出エジプト体験に基づくイスラエルの救済ではなく、天の雲に乗って全世界に来臨する人の子による終末的救済の啓示に至るからです。, あとから詳しく書きますが、ダニエル書によれば、世界歴史の流れは、初めから確定しています。人間はヤハウエ(イエスの御霊)の前に、確定している歴史の中でその責任を負うことになる。, 人類救済の歴史は、人間の手から離れて神の支配の中におかれると言うことです。それは、神の支配は神の時による支配ということです。, コヘレトの言葉3章1節にあるように、「何事にも時があり、天の下の出来事は、すべて定められた時がある。」ということです。, コヘレトの言葉第3章11節「神はすべてを時宜にかなうように造り、また、永遠を思う心を人に与えられる。それでもなお、神のなさる業をその初めから終わりまで見極めることは許されていない」のです。, ダニエル書によれば、ネブカドネツアル王が回心して悟ったのは、「いと高き神こそ人間の王国を支配し、その御旨のままに王をたてられる。」(ダニエル書第5章21節)ということでした。, 人間には、その時を変えることが出来ないのです。この世のことは、神のお許しがなければ何事も進まないと言うことです。, 逆にいえば、いま現実に起こっている出来事は神が許されているから起こっていおるということになります。, 知恵思想の歩みはダニエル書後編の黙示思想で頂点を極めます。ダニエル書は代表的な黙示文学でもありますが、黙示文学はソロモンの時代から始まる知恵思想が到達した形で、神の人類救済史を開く役目と言えます。, ダニエルの知恵は、バビロニアやエジプトの知恵思想に影響されながらも、ヤハウエの御霊(イエスの御霊)によって啓示されたもので、そこから発展した黙示思想はこの意味で、御霊の賜物と言えます。, ダニエルは、イスラエルの知恵とバビロニアの知識を兼ね備えることで、歴史を秩序づけ、宇宙的な広がりにおいて、世界の歴史と宇宙とを時間的空間的に秩序づけました。, 人間の歴史は、神の定めたご計画に従ってくるい無く動いています。如何に巨大な力を持つ人間の支配者でも、これに立ち向かうことは敵いません。, 歴史は、神が支配する場であり、人はただ神の定めた時の支配下にあって、その定めを受け容れていくことだけであるということです。, そうですね、マタイによる福音書第10章30節「あなたがたの髪の毛までも一本残らず数えられている。」世界です。, また、今わたしたちが生きている世界は、言い換えれば、神のご計画は100%成就されるが、人間の自由意志も100%自由が認められている世界だと思います。, わたしたちは、100%自由意志を持って判断できるが、その結果を神は予知されているので神には結果が分かっている。, 分かった上で神はご計画されているから、人間の自由意志が神のご計画を変えるものではないということです。, 人間は時間の中に生きるのですが、神は時間の外におられます。だから、わたしたちの過去・現在・未来がすべて見えるのですね。, そのご計画は、ご自身の義・愛などの性質に基づき、聖なる目的のために人を選び、ご計画を立てられると思うのです。, 「主は世界中至るところを見渡され、ご自分と心を、一つにする者を力づけようとしておられる。」(歴代誌下第16章の9)のです。, ダニエル書の著者には、現在現実に起こっている暴虐や圧政の滅びとこの世を支配する悪しき力から解放され、やがてメシアが現れて神の秩序が回復することを示す幻で開示されます。, この信仰を支えるのは、人の子が天から雲に乗って到来することで成就する現在の苦しみからの解放への希望です。, これはまさしく全人類に救済に臨むメシヤの到来です。そして、すべての人々の裁きです。, ダニエル書の黙示では、この世が一時的に悪に支配され、それゆえに正しい者は弾圧されるが、やがてその破局は全世界に迫り、悪は滅びて神の支配が実現する。, その時を終末と考えました。その終末にこの世を救済するメシアが出現し、エルサレムが再建することを期待するのです。随分と新約に近づいてきました。, 終末において、「多くの者が地の塵の中の眠りから目覚める。」(ダニエル書第12章2節)のです。, そして、復活した死者は、「ある者は永遠の生命に、ある者は永久に続く恥と憎悪の的となる。, 目覚めた人々は大空の光のように輝き/多くの者の救いとなった人々(多くの者を義とした人々)はとこしえに星と輝く。」ということです。, 神はこのように、人間が極限状態にあるときに幻を見せて未来を開示され、人間に希望を与えられるのですね。, イスラエルの宗教的な希望はこのようにして宇宙的な広がりを持つ思想によって語られることになったのだと思います。, そして、その希望が約2000年前にイエスの十字架と復活の出来事として実現したのです。, それが新約聖書の思想の根本にあると思います。2000年にわたる神の人類救済の歴史が完成したのです。完成したというのは神が約束されたことですから必ずなると言う意味で既に完成したのと同じだと言うことです。, イエスの御霊による、知恵と黙示の働きと預言は一つの流れの中にあると言えますから、イエスの出来事は、旧約聖書の中でメシアについて預言されている特徴をもとにして、一つ一つ築き上げて造られた組み立て住宅であるとも言えます。, 旧約聖書にはイエスと言う名は出てきませんが、旧約聖書の預言とイエスの出来事は無視できないほど一致しているのは事実です。, メールアドレス: 私はそういう人らが地獄の業火に焼かれるはずがないと信じています。, 最近投稿した記事で以下も参照していただきたいのですが。 有史以来、今ほどヨーロッパと中東が混沌としている状態は初めてではないかとも思います。 現代からキリストの再臨に至るまでのタイムテーブルを、聖書の「ダニエル七十週の預言」から解説。イスラエルの帰還・建国によって、7年間の大患難時代がいつ到来してもおかしく無い時代となった。また、神が創造主として人類を裁く正当な根拠についても解説する 2016-07-02, 以前に書いたこちらの記事「未来への希望を示す救済史の全体像」では、救済史の全体像を体系的に説明したが、次に私たちが知るべきことは、現代が、救済史の流れにおいて、どこに位置しているのか?という問題である。結論から言うと、現在私たちは、キリスト再臨の「直前の時代」に生きている。, メシアの再臨は、救済史・人類史における決定的な転換点であり、再臨を堺に、人間による統治の時代が終わりを迎え、神による直接の統治の時代が始まり、それが永遠に続くことになる。, つまり私たちは、聖書の重要な預言の多くが成就し、人類の歴史が決定的な転換を迎える、極めて特別な時代に生きているのである。では、現代がキリストの再臨間近の時代であるということに、どんな根拠があるのだろうか?, 七十週の預言は、紀元前6世紀に生きたユダヤ人の預言者ダニエルが、神から啓示されたものであり、メシアの到来とイスラエルの状態に関係する、具体的なタイムテーブルを示した、驚くべき預言である。, 9:24 あなたの民とあなたの聖なる都については、七十週が定められている。それは、そむきをやめさせ、罪を終わらせ、咎を贖い、永遠の義をもたらし、幻と預言とを確証し、至聖所に油をそそぐためである。, 25 それゆえ、知れ。悟れ。引き揚げてエルサレムを再建せよ、との命令が出てから、油そそがれた者、君主の来るまでが七週。また六十二週の・・後、油そそがれた者は断たれ、彼には何も残らない。, やがて来たるべき君主・・彼は一週の間、多くの者と堅い契約を結び、半週の間、いけにえとささげ物とをやめさせる。荒らす忌むべき者が翼に現われる。ついに、定められた絶滅が、荒らす者の上にふりかかる。」(ダニエル9:24-27), 聖書的に見ると、ここでの「一週」とは七年を示すため、七十週は、7 x 60 で、合計490年を表している。また、終末時代に関する聖書預言を調べていくと、救済史のおけるキリストの再臨は、丁度この預言の70週(490年)の最後に生じることがわかる。, 預言の内容によれば、490年という期間は、最初の483年(69週)と、最後の一週(7年間)の二つに区分される。最初の69週の起点は、「エルサレムを再建せよ」という再建命令であり、その年から483年後に、初臨のメシアが到来し、その後殺されることになっていた。, 預言通りイエスは、エルサレムの再建命令から483年後に、十字架刑にかけられ、メシアとしての公の活動を終えた[i]。つまり、70週の内の最初の69週までは、これまで完璧に成就したのである。ところがその後、残りの一週(7年間)の時代はまだ来ておらず、空白になっているのだが、それはなぜだろうか?, 答えは、この七十週の預言が、「『あなたの民』とあなたの『聖なる都』について」つまりユダヤ人とエルサレムに関するものだからである。イエスがユダヤ人の指導者たちの手で十字架に架けられたことによって、その世代のユダヤ人に対する民族的な裁きが決定し、彼らは紀元70年にローマ軍によって没落し、世界中に離散するようになった。これによって、ユダヤ人の存在がエルサレムという聖なる都から消えた。七十週の預言は、ユダヤ人とエルサレムに関するものであるため、ユダヤ人がその都市から消えている間は、預言のタイムテーブルが進行しないのである。, 以降約二千年間に渡り、彼らは国を持たず、世界中を放浪することになったが、1948年のイスラエル建国によって、再び彼らは祖国に帰還することを許された。その後1967年の六日戦争(第三次中東戦争)の後に、イスラエルの領土はエルサレムの広範囲を有するようになり、いよいよ最後の七週が始まる舞台が整ってきたのである。, したがって現代は、最後の七年間が、いつ始まってもおかしくない時代に突入しているのである。, 七十週の預言の最後の一週(七年間)は、どのような時代になるのだろうか?この期間は、専門的には「大患難時代」と呼ばれる。つまり、人類がかつて経験したことが無いような、大きな患難が全世界に望むのである。まずは簡単に概要を説明しておく。, この時代に大きな患難が起こる一つ目の理由は、悪魔(サタン)が自分の時が短いことを知り、大きな怒りを抱いて、人間社会に災いをもたらすからである。(黙示録12:12)大患難時代の悪魔の力は、特に「反キリスト」と呼ばれる人物の台頭と独裁支配によって、その極みに達することになるだろう。しかし、キリストの再臨によって、彼らの力は打ち砕かれ、一千年の間、人間を惑わすことができなくなる。, 二つ目の理由は、不信仰な人々に対する神の裁きが、多くの患難の形で地上に下るからである。ただし、大艱難時代の前期~中期における裁きは、警告的な審判であり、人々には、患難の経験を通して悔い改めて救われる余地が残されている。この時、多くの人びとが神に立ち返ることになるだろう。, しかし、最終的に世界の人々は、神・つまりキリストの言葉に従うグループと、反キリストに従うグループに二分されることになる。反キリストに従う全ての人々は、最終的に神の裁きによって滅びることになる。なお、大艱難時代の裁きは、キリストの再臨の際に最高潮を迎える。(キリスト再臨の際に起きる人間の軍勢とキリストとの最後の戦いが、「ハルマゲドンの戦い」と言われる戦いである), 次回の記事で、大艱難時代の詳細を明らかにする前に、神の裁きの意図について、説明をしておく必要がある。, 神が、従わない全ての者を裁く、ということに関して、反感を覚える人は多いかもしれない。この点を理解するために大切なことは、神が「万物の創造主」だという認識を持つことである。全ての美しい地球環境、またそこに存在する全ての生命に対して所有権を持っているのは、究極的には神である。, 人間社会でもそうだが、所有権を持つ人が、その所有物に対して権限を持っているのは、当然のことだ。。例えば、あなたがアパートの大家である場合、家のルールに従わない住人を追い出すのは当然のことだと考えるだろう。, では、私たちが住んでいるこの地球も、実は「創造主」という大家が存在するアパートだとしたらどうだろう?この場合も、ルールに従わない人間が追い出されるのは、当然のことだと考えるはずである。, ただし、神がルールに従わない人間を無慈悲に追い出す冷酷な存在だと考えてはならない。神は愛であり、神が人間に求めていることは、神の愛に応え応じることなのだ。人間は神との愛の関係を持つように創造されたのであり、それを否定することは、自身の存在目的を、自ら拒絶することを意味する。, だから、神の否定は、最終的に、神の創造物である自分の存在そのものを否定することになるのである。, 七十週の預言の起点である「エルサレムの再建命令」をどこにするのか?また、69週の終わりをキリストの公生涯のどこに位置づけるのかは、神学者の間でも意見が分かれている。, 当サイトでは、この神学的な問題を深く考察した結果、議論の原因が、今日の一般の歴史が採用している、ペルシャ帝国の不確かな年代にあると見ている。, ペルシャ帝国の年代の算出は、二世紀の天文学者・著作家のプトレミー(プトレマイオス)による「推測」を土台としており、彼自身は、その年代の見積もりの正当性を主張しているわけではない。つまり、現代の世界で一般的に採用されているペルシャ帝国の年代表の正確性は、実際には保証されていないのだ。, さらに、プトレミーの推測に基づいたペルシャ帝国の年代表は、聖書の預言のタイムテーブルと、完全には符号しない部分が生じる。その事実が、七十週の預言に関して、神学者の間で未だに議論が絶えない原因となっているのである。, 当サイト内でシオニズムに関する記事がないので、聖地問題について解説いただけると助かります。イスラエルによる聖地併合に対して否定的な見解が多いですが、マイク・ポンペオのような福音派シオニストが支持するトランプ政権下で、ネタニヤフは西岸地区併合を進める考えです。, 記事のご提案に感謝です。近代のイスラエルの領地に関する諸問題は、中々複雑な部分があり、当サイトの管理人も、まだそれを正確に説明しきる十分な知識が無いため、記事にはしておりません。ただし、聖書的には、今でもユダヤ人にとって、イスラエルの地は重要であり、実際に、旧約聖書の幾つかの預言の成就と見られるようなしるしも、現代のイスラエルに見られます。ただ、最終的に、イスラエル人があの土地を完全に自分たちのものとするためには、政府や人間の権威によるのではなく、彼ら自身が、イエス・キリストを彼らの救い主として認める時が来なければならない、と理解しています。, クリスチャンでも、地獄の存在、rapture=携挙 を信じられないという人はいます。神が愛であるのなら、なぜ人を地獄の業火で永遠に苦しめられるのか、この世界を滅ぼされるのか。という疑問です。, また、イエス・キリストを信じないから、という理由だけで、この世で貧しさや病で苦しんでいる人、また、善良で、殺人など大きな罪を犯したわけではない人が地獄にいくのはおかしい、というのも、人間の観点からみたら正しく納得できる理由づけだと思います。, でも神様は、人間が作りあげた存在ではないので、人間が考える道徳心や、善悪の基準は通用しないのだな、と最近ようやく理解できるようになりました。, 神様はLOGIC(論理)ではない、人知をはるかに超えた存在です。自分がすでに持っている思考の枠組みや判断でとらえず、聖書を読みすすめていくことがポイントなのではないかと最近思うようになりました, ハレルヤ!とても重要な観点をご理解されてらっしゃいますね。確かに神の基準は、地上の人間には理解しがたい部分もあります。私はその理由が、人間の視野に限界があるからだと考えています。いづれ神の元に生き、真理の全貌を理解するならば、私たちはより深い意味で、神が義であることを理解するのでしょう。以下の記事は、まさにこの問題について答えるために書きました。 (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); そして記されている文字は古代ヘブライ語によって書かれていて解読は困難を極めたといわれています, 2000年の前の死海といえば・・まさにイエス・キリストが生きていた時代とピッタリ当てはまる時代でもあります, つまり死海文書はキリストの手がかりを紐解く重要なヒントじゃないか?という事になります, そしてさらに1947年に発見されて以来解読が進められ一向に解読が進まないという事態が発生します, 死海文書が発見された当初はアメリカやイギリスだけからの研究者が集められ解読作業がはじめられましたが, と、ここまでは結構話されている話なんですがここからが本題、ここからさらに踏み込んでいきます, ロックフェラー家は石油で成功した陰謀論の話でよく出てくる富豪の2トップといえばロスチャイルド家とロックフェラーですが、世界支配に関与していて資金を大量に投入していると有名なお話です。 ロスチャイルド家に[…], ロックフェラー一族は世界を裏で牛耳っているともいわれている超巨大実業家一族でもあります, 実は死海文書の発掘から解読まで莫大な財力をを武器にロックフェラーの管理下にありました, クムラン教団とはユダヤ教から派生した一派「エッセネ派」から構成された集団であります, 一説にはクムラン教団は厳しい修行によって人知を超えた預言能力を授かったとされ預言者集団とも呼ばれていました, 死海文書の中にはこの世の終末に関することが克明に記されていてまた以下の書物の中から終末に関する預言が書かれています, エルサレムの荒廃の時が終わるまでには、主が預言者エレミヤに告げられたように七十年という年数のあることを悟った。, このダニエル書に書かれてる内容をよく見てみると70年という数字が浮かび上がってきます, ある重要な書物”戦いの書”に光の子と闇の子の40年に及ぶ戦いについて2000年以上も前に預言されています, これは正義と悪の40年に渡る戦いについて書かれていて、また光と闇の戦いを表しているともいわれています, あのロックフェラー一族が一番最初に手に入れて世界に大きな影響を及ぼしてきた文書なんじゃないか?といわれています。, この記事の冒頭でも書きましたがイエス・キリストはクムラン教団の一員だった説があります, もしもそれを信じるならば・・・ロックフェラーにとってクムラン教団の予言は当たってしかるべきものなのです, 戦いの書によると40年間の戦争の内訳は5年の前哨戦があり6年の準備期間と29年間の大戦があると書かれていて, ソビエトのアフガニスタン侵攻をきっかけにアルカイダの前進となる組織が出来上がります, そしてその5年後の1983年には何が起こったのかというと・・レバノンのアメリカ関連施設で自爆テロが起こりました, アメリカ合衆国の大使館が爆破された爆弾テロ事件である。1983年の事件は内戦中のレバノンの大使館が爆破されたもので、シリアの関与が疑われた。1998年の事件はケニアとタンザニアの米大使館が爆破された。この事件は国際テロ組織アルカーイダが関与したと断定したアメリカは、ミサイルによってスーダンとアフガニスタンを攻撃した。, そしてさらに6年後には何が起こったのか?アルカイダと聞いてもうピンときてる人がいるとは思いますが・・, その6年後の1989年にはあのウサマ・ビンラディンがアルカイダの指導者に就任します, アルカイダの誕生とイラク戦争IS(イスラム過激派)の登場、世界中で巻き起こるテロ・・, そう現在では予言された大戦の真っ只中にあります、この混沌とした世の中は2018年に終焉し再生へと向かいます, 新時代が始まっていく事を意味し、時代の流れはものすごいスピードで加速していき従来の生き方では生きていけない世の中にシフトしていくことになっていきます, 死海文書に記された事や戦いの書に書かれた内容を大きな組織が何らかの意図をもって実行しているのかもしれません, テクノロジーが驚くほど進化していき従来では考えられないほど便利な世の中になっていきます, それを単純に受け流すか、危機として感じて今から準備するかで大きく変わるかもしれませんね, 羽田空港に存在する不自然な鳥居の存在、実は壊そうとすると祟りが起きるヤバイ鳥居だった・・, Mr.都市伝説関暁夫の1分間【みんな俺を”自由”と呼ぶんだ】旗揚げについて徹底解析してみた!!, Mr.都市伝説関暁夫から皆さんへ【反重力生命体】決して表には出なかったニュース考察!. 生ける人も死ぬ人も全てが裁きにかけられ、善良な人が天国へ、そうでない者は地獄の業火に。 そして、その前に主がこの地上に裁きをもたらす「大患難時代」は、そう遠くは無いと感じています。, 主の愛が人知を超えた永遠不滅のものであったとしても、今の社会に裁きを下すのはそれほどおかしいとは思えないです。 そのくらい、世界は狂ってる。, 主の起こした数多の奇跡など瑣末な記憶になってしまうくらい、現状の人間の所業は酷い、醜い。, 一生懸命働いて、疲れて帰って、家族に迎えられて美味しい食事をして風呂に入ってみんなで寝る。たったそれだけの事を、なんで世界中で出来ないのか?, http://true-ark.com/sermon-mount-intro/#list そして終末が訪れると書かれています、それは一体いつなのか? 終末が訪れる日・・・それは 2018年 です。 ダニエル書に書いてあったエルサレムの荒廃が終わる日が終末を意味しています. 考えたくもない。そこが天国かも疑わしくなってしまう。少なくとも、その天国にいて尚、真っ黒い悲しみで永遠に頭を上げられなくなる。, アジアの貧しい国を旅行すると、私はよく都市部を離れて農村部を見て回るんです。 そもそもの中東混乱だって、イラク戦争から加速したもので、もう全く容認できない。アメリカの大統領も自身がクリスチャンと前置きした後で戦闘行為の正当性を声明したり、果てはバチカンの教皇までもが現状は有事であって既に世界大戦は始まっていると人々の恐怖を煽ったり。, 私如きが言うには恐れ多いですが、主がこの有様を見たら、地球まるごと最後の審判にかけるしかないな、って思ったとして、それは何ら疑問は無いですよ。, この混乱の度合いから言って、イエスやヨハネ等、人類の行く末を実際に垣間見たのかも知れないし、この混沌を実際に見えもしない悪魔が何らかの所業で起こしているとも否定しきれない。 その時を終末と考えました。その終末にこの世を救済するメシアが出現し、エルサレムが再建することを期待するのです。随分と新約に近づいてきました。 終末において、「多くの者が地の塵の中の眠りから目覚める。」(ダニエル書第12章2節)のです。 生活費が足らなかったり、そもそも仕事にありつけなかったり、家族が病気になったり(東南アジアの多くは医療保障とか無いです)、もうスグ借金塗れですよ。, 学校なんか生かせる余裕は無い。それどころか若い娘は泣く泣く都市部に行くんです。性産業に身を投じに。, 信仰も含めて勉学の尊さを知る機会など無い。

ロト6 過去当選番号 検索, 限界突破 Wificm, 横浜 高級家具, タイバニ 舞台 動画, 島忠 ローン, マライアキャリー 新曲, 楽天モバイル Iphone Esim, 椅子 木製 折りたたみ, Ocn キャッシュバック メール いつ, 60代 俳優 女性, パチンコ アニメ 人気, オフィスチェア 横浜, 進撃の巨人 声優, ダイニングテーブル 塗装修理 札幌, ダイニングチェア ソファ, 罪と罰 三浦春馬 感想, 一人暮らし ソファベッド, 雑貨屋 通販 ナチュラル, メートル 漢字, 三井アウトレット アディダス 半額, Uqモバイル Iphone 表示 Au, 伏見猿比古 父,