オクトパストラベラー レビュー

スーパーファミコン自体のFFシリーズを彷彿とさせるドット絵とターン制コマンド入力バトルが特徴。しかし、もちろん懐かしい要素ばかりではなく、惹き付ける新たな要素もふんだんに盛り込まれている新規IP。, Nintendo Switch、PCでプレイ可能。私はNintendo Switch版をプレイ。, 物語の舞台となるのはオルステラ大陸。主人公は8人の旅人たちきみはその一人としてこの世界を自由に旅することができる生まれた場所も、旅の目的もそして特技も異なる8人――はたしてきみはどのような旅を体験するだろうか?旅立とう。きみだけの物語へ――, それぞれ生い立ちも境遇も違う8人が、オルステラ大陸の各地から旅に出る。旅に出るきっかけや目的も、もちろん8人とも違う。復讐を遂げるためという過酷で深刻な状況のキャラもいれば、外の世界を見たい!という明るく希望にあふれたキャラもいる。, メインストーリーは8人分用意されていて、それぞれのキャラのエピソードを展開していく。8種類の物語は全く雰囲気も事情も異なっていたはずだけど、徐々にお互いの話に繋がっている部分が見え隠れしてくる。, ストーリーは、それぞれの主人公ごとに進行するけれど、それぞれの物語はいくつかのエピソードに分かれている。, そのエピソードが展開する場所に来ると、「エピソードを開始するか?」という選択画面になり物語が始まる。, 同じ場所で複数のエピソードが発生する場合は、選択しなかった方のエピソードは展開しないようになる。, 当たり前だけど、選択したエピソードの主人公キャラは固定。パーティーは4人なので、あとの3人は自由に選ぶことができる。他の4人は、居酒屋で待機することになるけれど、話しかければ入れ替えが可能。, また、NPCからのサブクエストもあるけれど、こちらは特にエピソードを選択したりはせずにメインストーリーと並行して進めることができる。, バトルは、昔ながらのターン制コマンド入力バトル。ターンごとに敵味方の行動順が決まっていて、順番にコマンド入力して行動していく。, 敵の弱点の武器の種類や属性で1回攻撃をすると、敵のシールドポイント(耐久値)が1下がる。シールドポイントが0になったら、ブレイク!その敵は行動不能になって弱体化し、大ダメージを与えられるようになる。, 特にボスなどの強敵は、ブレイク状態じゃないとまともにダメージを与えられなかったり、行動回数がやたらと多いので、ブレイクを狙うのが欠かせない。, ジョブとアビリティ(固有のものと自由に付け替えられるもの2種類)があるので、弱点を突けるパーティー編成を組むことが1番大切。, パーティメンバーは、1ターンにつき1回行動。そして、1ターンにつき、BPが1ずつ溜まっていく。, コマンド入力の際に、「ブースト」して溜まっているBPを使用すると、物理攻撃回数が増えたり魔法の威力が上がったりする。消費するBPの数だけ威力が上がる。また、BPを消費した次のターンは、どんな行動をしたとしてもBPが溜まらない。, 行動順を見て、BPの使いどころを考えるのが大切。先述した「ブレイク」を仲間たちがしてくれたところに、後から行動するキャラが、あたためておいたBPで秘蔵の強力アビリティ大ダメージにして叩き込む。そういった先読み、段取りを考えるバトルが可能になる。, 街などのフィールドでは、NPCから持ち物を入手したり、戦闘に加勢してもらうようお誘い出来たりする。それを可能にするのは、「フィールドコマンド」。, フィールドコマンドは、街中などのNPCに対して行えるコマンドで、キャラごとに決まっている。街の人と平和に知り合うコマンドもあれば、犯罪行為、というか激しいコミュ障なのか、というコマンドもある。, 例えば、なぜかちょうどジャマな所に立ってる人に退いてほしい時、オルベリクは、正々堂々と「試合」を申し込むが、ハンイットは「けしかける」で突然モンスターに一般人を襲わせる凶行に出る。, フィールドコマンドは平和的なものと邪道なものに分かれる。平和フィールドコマンドは、使うキャラのレベルが対象NPCのレベルに達していないと使えないけれど、邪道フィールドコマンドは、悪評が立つリスクと引き換えに、誰に対してでも使える。, 成功さえすれば、序盤からすんごい強い武器が手に入るすんごい強いNPCをお供に連れて行けたりする, メインストーリーだけでも8人分あって、ボリュームたっぷり。同じ世界が舞台だけど、8種類の物語を楽しめる。勧善懲悪なだけではない物語で、セリフも記憶に残るものが多くて、メインストーリーがちゃんと8人分とも面白い。, スタート時に、メインキャラを8人のなかから選ぶけど、誰を主人公に選んでも、他の7人はちゃんと仲間になってくれる。しかも、誰を主人公に選んでも、全員のストーリーを全て体験出来る。全ての物語を見るために、何周も何周もプレイしなくてもいい。分岐などもなく、1周で全部味わえるのが嬉しい。, コマンド入力なので、複雑な操作はなし。移動と決定ボタン押すくらい。タイミングが要求されたり、時間制限もないので、ダラーっとしながらでもプレイできる。, バトルは、ブレイクを狙っていかないと突破しにくいようになっているので、ちゃんと考えて戦略を立てる必要gあある。偏ったジョブやアビリティだと、行き詰まってしまうようになっていて、色んな組み合わせを考えるのが面白い。ちなみにクリア後要素もあるんだけど、そこからはバトル難易度がグッと上がる。, 1番気に入ったのがバトル。FFシリーズをプレイしてきてる身としては、慣れ親しんだコマンドバトル。ジョブやアビリティも選択出来るし、このシステムだけでも相変わらず面白い。, そこに「ブレイク」「コマンドブースト」システムが加わる。これが良い!あれこれ段取りを考えるのが楽しい!慣れてるシステムだったはずなのに、新鮮で、バトルやめられない!の病みつきバトルシステムに変貌。, 特にブレイクが面白くて、弱点攻撃が1ダメージでも発生してれば、シールドポイントが削られる。 非力な魔法使いキャラでも、魔法ダメダメの脳筋キャラでも、相性の悪い敵とのバトルで息をひそめてなくていい。 全てのジョブが全てのバトルで輝ける良いシステム。, 本作は、「HD-2D」と呼ばれる、ドット絵と3DCGを組み合わせたスタイル。今昔折衷というか、モダンレトロっていうのか、まあ、呼び方は何でもいいけど、古き良きと新しき良きが同居している。キャラやフィールドはドット絵なんだけど、背景の水や光の表現は超リアルで高解像度。このコントラストが、もう最高。そして、ボスのデザインが最高すぎて、「どんな姿してるの?」とボス戦始まる時のワクワク感がすごい。, 本作は魅力だらけだけど、最大の魅力と言っても良いいかもしれないのが、音楽。本気で神曲揃い!フィールドは、癒し的な美しいメロディが多いけど、バトルは、熱い曲ばかり。バトル曲は何種類かあるが、どれもお気に入りで、もはや音楽が聴きたくてバトルする時もあった。, OCTOPATH TRAVELER オクトパストラベラーhttps://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler/© 2018 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.ゲーム画像はOfficial Trailerより, 『OCTOPATH TRAVELER オクトパストラベラー』レビュー: 新しくて懐かしくて最高なRPG!, https://www.jp.square-enix.com/octopathtraveler/. オクトパストラベラーが なんか微妙 でした。. オクトパストラベラーの感想や評価(レビュー)を書き込める掲示板です。オクトパストラベラーをプレイして思った感想や評価を自由に書き込んでみてください! PC版アウターワールド(The Outer Worlds)をSteamより1228円安く買う方法, PC版NieR Replicant ver.1.22474487139..をSteamの定価より安く買う方法, 盗賊はNPCからアイテムを盗めます。学者はNPCの背景を探ることが可能です。商人みたいなキャラはNPCからアイテムを買えます。, 隠しアイテムの場所が明らかになったのかどうかを確認する自分だけが、そこに存在するようになるのです。. 『オクトパストラベラー』とは物語の舞台となるのはオルステラ大陸。主人公は8人の旅人たちきみはその一人としてこの世界を自由に旅することができる生まれた場所も、旅の目的もそして特技も異なる8人――はたしてきみはどのような旅を体験するだろうか? オクトパストラベラーの感想や評価(レビュー)を書き込める掲示板です。オクトパストラベラーをプレイして思った感想や評価を自由に書き込んでみてください! スクウェア・エニックスの新作スマホ向けrpgの『octopath traveler (オクトパス トラベラー) 大陸の覇者』が2020年10月28日にリリースされました。前作未プレイならではのまっさらな気持ちで本作を評価し … 肝心のストーリーが微妙. 昔のゲームでも、ストーリーに沿って進めばある程度の強さレベルは上げられたイメージでしたがこのゲームはストーリーをサクサク進めると難易度が跳ね上がる(適正レベルよりかなり下のレベル)となる印象です。 盗むなど、キャラを戦闘以外でも強くできる要素は好きです。 オクトパストラベラーでは、ストーリーを進めて主人公が成長していくとモンスターも強くなっていくシステムのようです。 このシステムのおかげで、サブストーリーなどで最初の方の村に戻るときでもそれなりに手ごたえのある戦いをしながら遊べます。 全キャラを仲間にして2〜3章まで進めた感想でした。, 次回のコメントで使用するためブラウザーに自分の名前、メールアドレス、サイトを保存する。, 管理人の匿名ちゃんです!このブログではゲームのレビュー、ロビンちゃんが気に入ったゲームの攻略の情報を記載しています。. オクトパストラベラー評価感想(裏ボスまでクリア済)|rpgの面白さが過去に追いついた。神ゲーだと断言します。 2018/7/17 2018/7/30 octopath traveler(オクトパストラベラー), ゲームレビュー スクウェア・エニックスより10月28日配信予定のアプリ『octopath traveler(オクトパストラベラー) 大陸の覇者』。システムに注目したプレイレポートをお届けします。 ドット絵とポリゴンを融合した唯一無二のビジュアルを誇るrpg『octopath traveler』。8人の旅人の冒険が綴られる王道rpgの評価を如何に? 任天堂スイッチから発売中の「オクトパス トラベラー」 このゲームでは、村人に"非合法"なことができますよ。 アイテムを盗んだり、魔物を村人にけしかけたりも可能! 新作RPGの感想&レビュー … 【オクトパストラベラー】ネット上の評価・感想・レビューなど!『大絶賛』 2018年7月16日 【Switch】OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー) 評価, 任天堂スイッチ, RPG, オクト … 任天堂スイッチから発売中の「オクトパス トラベラー」 このゲームでは、村人に"非合法"なことができますよ。 アイテムを盗んだり、魔物を村人にけしかけたりも可能! 新作RPGの感想&レビューです © 2020 タイムラインをかけぬけろ All rights reserved. たぶんストーリーが根本的に良くないのだと思います。ストーリーは面白いわけでもつまらないわけでもなくて、 癒し系のアニメ みたいに淡々と進んでいきます。 そういう所が個人的にウケなかったのかも。 スクウェア・エニックスから発売されたニンテンドースイッチソフト「オクトパストラベラー(OCTOPATH TRAVELER)」は、めちゃくちゃつまらないわけでもなく、面白いわけでもないストーリーを提供してくれる不思議な王道RPG。戦闘は論理的で楽しかったです。, たぶんストーリーが根本的に良くないのだと思います。ストーリーは面白いわけでもつまらないわけでもなくて、癒し系のアニメみたいに淡々と進んでいきます。, ただ戦闘は普通に良くて、パズル的で楽しかったです。敵の弱点である武器や属性で敵を攻撃すると、敵のシールド数が減っていき、シールドが0になったら敵は1ターン行動不能となり、以降は大ダメージを食らうという戦闘システム。, また味方側のキャラは自動的に毎ターン、ドラクエでいうテンションが溜まるようになっています。敵のシールドを減らしつつ、敵が行動不能になった時にキャラのテンションを消費して相手にさらなる大ダメージを与えていく感じが論理的に戦っている雰囲気があって面白かったです。, 各キャラは世界に点在していて、仲間にする順番はプレイヤーに委ねられていて、自由な感じがしてすごく良いと思います。, ただ各キャラにはそれぞれ独自のフィールドコマンドが用意されていて、これはこれで面倒でした。几帳面な人にとっては地獄なのではないでしょうか。, 例えば盗賊はNPCからアイテムを盗めます。学者はNPCの背景を探ることが可能です。商人みたいなキャラはNPCからアイテムを買えます。, キャラが増えるほどNPCに対して行動できることが増えていくので、この世界の住人やストーリーを細かい部分も含めて把握するのはとてつもなく面倒なのです。, なので各NPCの細かな物語なんてどうでもよくなってきます。学者はNPCの背景を探り、隠しアイテムの場所を明らかにする能力があります。, しかし何度かNPCの背景を探っていると、NPCに関する情報が載っているウィンドウなんて無視するようになります。そして隠しアイテムの場所が明らかになったのかどうかを確認する自分だけが、そこに存在するようになるのです。, オクトパストラベラーを一言で言うと「刺さらないストーリー、王道のRPG」です。各キャラには個性的なスキルやフィールドコマンドを備えていますし、戦闘は論理的なパズルみたいでなかなか面白いです。, でも、ストーリーが本当に心に刺さりません。不思議なことにめちゃくちゃつまらないわけでもないんです。そして面白いわけでもありません。, 終始、60~75点の間を上手に飛行しているような調子で、「こいつぁつまらない!退屈だ!」と断言することも出来ません。なんかもう逆に凄いと思います。, 僕はずっと「ドラクエ7の物語って本当にヤバかったんだな…」と思いながらこのゲームをプレイしていました。ビバ!ドラクエ!, スマホアプリ版『ドラクエ7』評価/レビュー DQ7を愛する理由とガキの頃の思い出を語りたい, 星のドラゴンクエスト(星ドラ) 評価/レビュー スマホでドラクエの世界に浸かりたいならいいんじゃない?, 何でもとにかく安く買いたいゲーマー。ゲームの作品性よりも純粋な面白さを重視しています。現時点で最高に面白いと評価しているゲームは「レインボーシックス シージ」。. 今回は、OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)のネット上の「評価・評判・感想・レビュー・口コミ」をまとめています。, 「OCTOPATH TRAVELER(オクトラ)」は、ゼノブレイド2に次ぐSwitchの神RPGだと期待されています。, 今作では、「HD-2Ⅾ(ドット絵+3DCG)」で幻想的な世界を描いているのが特徴。, 物語はサガのように自由度が高く、8人の主人公を自由に選択し、8通りの物語を楽しむことが出来ます。, それぞれ特徴的な「フィールドコマンド」を持っており、キャラによって全く別の展開になったり、出来ることも全く違う訳です(盗めたり、買い取れたり), 2つのジョブの組み合わせでしか使えない技もあるようで、いろんな組み合わせを試すのも面白いです。, 体験版の配信により、「システム、雰囲気、グラフィック、音楽」と全てに置いて高評価を得ていた作品ですが、発売後はさらに熱が加速しているようですよ!, ただ綺麗なだけのグラフィックは昨今では珍しく無いですが、ここまで暖かみとリアルさが同居したグラフィックはなかなか珍しいのでは無いでしょうか?, そのグラフィックに合う音楽だったり、ストーリーもなかなか素晴らしいものがあります。, 発売から2日目にして、ゲームショップでは売り切れが多発している程に人気ですからね。, @hororo_tusinさんをフォロー!function(d,s,id){var js,fjs=d.getElementsByTagName(s)[0],p=/^http:/.test(d.location)? (function(b,c,f,g,a,d,e){b.MoshimoAffiliateObject=a;b[a]=b[a]||function(){arguments.currentScript=c.currentScript||c.scripts[c.scripts.length-2];(b[a].q=b[a].q||[]).push(arguments)};c.getElementById(a)||(d=c.createElement(f),d.src=g,d.id=a,e=c.getElementsByTagName("body")[0],e.appendChild(d))})(window,document,"script","//dn.msmstatic.com/site/cardlink/bundle.js","msmaflink");msmaflink({"n":"オクトパストラベラー - Switch","b":"スクウェア・エニックス","t":"HAC-P-AGY7A","d":"https:\/\/m.media-amazon.com","c_p":"\/images\/I","p":["\/51wWGRXBw7L.jpg","\/51RkKqMa8sL.jpg","\/51shqovIcyL.jpg","\/51s0URx8qgL.jpg","\/51DvEOml9PL.jpg","\/41Mt2lIjGrL.jpg"],"u":{"u":"https:\/\/www.amazon.co.jp\/dp\/B07BBMRD77","t":"amazon","r_v":""},"aid":{"amazon":"1672083","rakuten":"1672082","yahoo":"1689356"},"eid":"PC0EY","s":"s"}); 私も戦闘が面倒(時間がかかりすぎる)と言うことで積んでいます。 『OCTOPATH TRAVELER』のメインストーリーだけでも40体の――歯ごたえたっぷりの――ボスが君を待ち構えている。8人の旅人の目的を全うするのであれば、かなりの時間と覚悟が必要となることを最初に言っておこう。, 2017年の『Cuphead』について誰かが言った。1930年代のカートゥーンというグラフィックスタイルに魅了されて、軽い気持ちでプレイを始めた人はそのハードコアなゲームプレイに臆するだろう、と。『OCTOPATH TRAVELER』についても似たようなことが言える。ドット絵とポリゴンを融合させ、さらに幻想的なライティングとフォトリアルな質感をブレンドして完成した本作のビジュアルには唯一無二の魅力がある。, スクウェア・エニックスはこれを「HD-2D」と呼んでいるが、確かに新たな名称があっても良いくらい、今までにないタイプの映像美だ。いわゆる「古き良きRPG」にアプローチしながら、懐古的というよりもむしろ革新的なアートディレクションであり、きれいなビジュアルのゲームの多い2018年の中でも一際目を引く。, しかし、このゲームは癒やしではない。頭をフル回転させ、常に新しい戦略を練り、何度もレベルを上げ、新しいスキルを解放し、必死に戦っていくRPGだ。ビジュアルから入ったRPG初心者はそのハードコアな体験に驚くことになるかもしれない。, それでも、君は『OCTOPATH TRAVELER』をクリアすることになるだろう。これには主にふたつの理由がある。, 『OCTOPATH TRAVELER』とは、8人の旅人の物語を綴る群像劇だ。君は8人の中からひとりの主人公を選び、旅に出る。周回プレイを前提としているのではなく、ひとつのプレイで全キャラクターの旅を体験できる構造となっている。最初に選んだ主人公として旅立つと、道中で他の旅人と出会い、パーティーに加わると彼らのストーリーも攻略できるようになる。各キャラクターのストーリーは章仕立てになっており、気になったキャラクターのストーリーを好きな順番で進められる。最初に選んだ主人公のストーリーを完全に無視して、途中で出会った別の旅人の物語をメインに攻略するといったこともできる。唯一の縛りは、最初に選んだ主人公をパーティーから外すことができないことだ。他のメンバーの入れ替えは、村や街にある酒場で行う。, 確かに攻略の順序は自由だが、君は「推奨レベル」を気にしながら冒険を進めることになる。ワールドマップにはそれぞれの旅人の次の章が進行する場所が表示されており、推奨レベルがついているのだ。主人公の第1章をクリアして、ほどよい難易度になっていると感じるだろう。しかし、そこでいきなり主人公の第2章に進むとかなり厳しい旅になる。レベルは圧倒的に足りないし、なによりひとりでは心細い。そうして、自然と他の旅人がいるところへ足を向ける。そして、気がつけば君は15時間ほどプレイして、全8人の旅人を合流させる。その頃にはちょうど、第2章の推奨レベルと同じくらいの強さになっているはずだ。, 第2章あたりから、ゲームは一気に難しくなる。ザコ相手でもバトルシステムを理解していないと苦戦するし、各章の最後に潜むボスは試行錯誤を繰り返し、戦略を練って勝利を手にする場合が多くなる。しかし、レベルが足りない、あるいは望ましいスキルをまだ解放していない場合、一旦そこを離れて後で再訪すればいい。古典的なJRPGのように見えても、何度も同じところを走り回って敵の出現を待ち、倒して経験値を獲得するというレベル上げの仕方は不要だ。他のキャラクターの物語を進めればよいのだ。『OCTOPATH TRAVELER』における経験値稼ぎのほとんどはストーリーを楽しみながらできるので、苦にならないはずだ。, このバランスにはもうひとつ、メリットがある。多くのキャラクターを仲間にできるRPGでは、「一軍」と「二軍」ができてしまう傾向がある。強いキャラクターはずっとパーティーに入れておき、それ以外のキャラクターはいつまでも弱いままなのだ。『OCTOPATH TRAVELER』では「一軍キャラ」のボスを倒すために「二軍キャラ」の冒険を進めるときが出てくる。すると「二軍キャラ」は強くなり、そのキャラクターの魅力や特徴もつかめ、「一軍キャラ」のボス戦に連れて行くことになるかもしれない。最終章にたどり着いた頃は「一軍」も「二軍」もなくなり、みんな同じ仲間だ。酒場でどのようなパーティーを組むかは、敵の特徴に応じて変わってくるだけである。, レベル次第でゲームバランスが崩れてしまうことはRPGというジャンルにおいて、ひとつの問題として認識されている。しかし、『OCTOPATH TRAVELER』はそれを逆に利用して、自由に冒険できる世界において「目印」として役立たせているわけだ。君が『OCTOPATH TRAVELER』のエンディングを見ることになる理由のひとつ目は、章立ての物語構造と推奨レベルが作り出すバランスにある。, 2つ目の理由はバトルシステムだ。わかりやすく、なおかつ多彩で奥深い。多少難しくても、これなら頑張れる! と思うはずだ。, 『OCTOPATH TRAVELER』のバトルシステムは、近年のターン制バトルの中で、最も秀逸なもののひとつだ(そもそも数は少ないが)。その根幹は紛うことなき「古き良きJRPG」のそれだ。『ドラゴンクエスト』シリーズやSFC時代のスクウェアRPGをプレイしたことのある人であれば、すぐに理解できる。JRPGをやったことのないプレイヤーでも、「たたかう」、「防御」、「アイテム」、「逃げる」といったコマンドとそれらの相互関係をすぐに把握できるだろう。『OCTOPATH TRAVELER』はそんなわかりやすいシステムを基本としながらも、とても奥深い駆け引きを実現させている。, すべての敵には「弱点」があり、この弱点を(一定の回数)突くことによって「ブレイク」が発生し、しばらく行動不能になる。行動不能になった敵は大きなダメージを与えられるため、強力な技をここで発動したいところ。物理攻撃を当てる回数や、スキルの威力は「ブースト」することで増強できる。問題は、敵の弱点を突いて「ブレイク」するのにも、行動不能になっているときに大ダメージを与えるためにも「ブースト」したい点だ。「ブースト」と「ブレイク」のわかりやすい力関係が、『OCTOPATH TRAVELER』のバトルを常に頭を使うものにしている。, 特にボス戦では面白くなる。途中で弱点が変化するボス、「ブレイク」できるまで弱点を突く回数が徐々に多くなるボス、手下を倒すまで弱点を突くことのできないボス、「ブレイク」されるたびに強くなるボスなど、多種多様なパターンがあり、同じ戦略が違うボスに通用することはめったにない。筆者は元々、ターン制バトルのRPGにおいては「ボス戦が一番面白い」という感想を持っていたが、『OCTOPATH TRAVELER』の開発者も同じ意見と思われる。なんせ、メインストーリーだけでも40体ものボスを仕込んでいるのだから。, バトルシステムを味付けしてくれているのは、それぞれの旅人が持つユニークな職業だ。盗賊、踊子、学者、剣士、商人、狩人、神官、薬師の特徴は物語だけでなく、ゲームプレイにも活かされているのだ。学者であれば攻撃魔法が強く、敵の弱点を「しらべる」という便利な能力を持っている。薬師は薬草を「調合」して回復魔法や敵を毒に晒す魔法が繰り出せる。狩人はモンスターを弱らせてから「捕獲」して仲間にできるという、ポケモンじみた遊びすらある。, あるポイントから、君はこの世界に8つある不思議な祠を発見するだろう。ここでは「バトルジョブ」というものが手に入る。剣士に踊子の技を覚えさせたり、神官が盗賊の技を使えるようになったりと、その世界観はめちゃくちゃに崩壊するが、さまざまな戦略を可能にしてくれる。ゲームの後半はデッキを組むような感覚で、このバトルジョブを使うことになるだろう。, 本業のジョブ(バトルジョブではなく、元々の旅人の設定)はバトルの外でも使える。「フィールドコマンド」という、旅人たちの設定を活かしたNPCとのインタラクションがある。踊子はNPCを「誘惑」してバトルに連れていけるし、学者は「探る」ことで、NPCの年齢や人生について学べる。筆者はNPCたちの呑気な人生を垣間見るだけでも楽しい気持ちになれたし、彼らの持っているアイテムを商人として「買い取る」のか、それとも盗賊として「盗む」のかについて何度も迷った。「誘惑」や「盗む」といったきわどい行為に関しては成功するとは限らない場合も多く、フィールドコマンドを発動する前に成功確率がパーセンテージとして表示される。確率はレベルに合わせて上昇するが、かなりレベル上げしても成功確率が10%に満たないものがたくさんあり、夢を残してくれる。, 同じ村や街でフィールドコマンドに失敗し続けると彼らの反感を買い、その村か街との関係性が悪化する。関係性が「険悪」になると、その村のNPCたちに対して「フィールドコマンド」が一切不可能になり、通常の「話しかける」が唯一のインタラクションになってしまう。幸い、酒場へ行けばマスターにお金をやることで関係性を改善できる。過ぎたことは水ではなく、酒に流されるべきなのだ。, 開発陣はフィールドコマンドを通して、旅人たちが自分らしく旅する様を見せたいとIGN JAPANとのインタビューで述べている。剣士なら様々な「試合」に挑むし、踊子なら魅力的な踊りで幾人もの人を虜にしながら旅するだろう、と。しかし、実際のところ、フィールドコマンドは世界観に貢献しているというよりもゲームプレイを拡張している。剣士がなんの罪もないNPCを斬りつけては気絶させ、「いい試合だったな」と呑気なことを言う様は強引に感じるし、「誘惑」に失敗しては怒られ、すぐにもう一度試すと「はい、喜んで!」となるのは「旅らしい演出」を作り出しているとは思えなかった。, 踊子の「誘惑」に神官の「導く」など、一部のフィールドコマンドが酷似していることももったいない。しかし、フィールドコマンドを通してNPCに対してさまざまな絡み方があるのは面白く、門番を剣士が倒してから、家の中にいる優秀な人材を踊子が誘惑するといった連携も楽しい。, NPCキャラクターへのインタラクションに革新的なアプローチをとる作品であるのに、パーティーメンバー同士の絡みがほとんどないのは少し皮肉だ。イベントシーンでは進めている物語の旅人だけが登場し、他のキャラクターは出てこない。第2章からは物語に発展があるとパーティメンバー同士の会話を発生させられるようになるが、おまけ程度のものであり、パーティメンバー同士の本格的なドラマは存在しないと言ってよい。これだけ個性的なキャラクターが集まっているだけにもったいないとは思うが、いつどこで誰を仲間にするかという自由度がもたらした副作用と言うほかならない。, この8人が一緒に冒険している理由もさして見当たらない。話しかけると仲間になるだけで、出会いの描写は割愛されている。ストーリーのことだけで考えると、一人ひとりのキャラクターが自分で旅をする設定でもよかったように思えるが、それでは本作のようなRPGに落とし込みづらいだろう。一緒に冒険している違和感は「ゲームのため」と諦めて気にしないように努めた(さすがに盗賊が仲間になったときは設定の違和感が強かったが…)。, 8人の旅人のストーリーはバリエーションも豊富で、開発者が目指した路線は評価に値する。まず、これは勇者が世界を救うというRPGお決まりの物語ではない。夢だったり、自分探しだったり、復讐だったり、彼らには自分だけの旅立つ目的があり、よりパーソナルな旅路が綴られている。, 『OCTOPATH TRAVELER』はSFC時代のRPGを愛したプレイヤーのための作品、と言ってもいいだろう。そういう作品は他にもたくさんある。しかし、他の作品のほとんどが理解しておらず、『OCTOPATH TRAVELER』が理解している点があるとすれば、それはSFCのRPGをプレイしていた人が大人になったことだ。昔と同じ王道物語にはもうそこまで心を打たれない。, 『OCTOPATH TRAVELER』の旅人たちが正義感の塊でもなければ、敵対するキャラクターたちの大半も勧善懲悪の存在ではない。君が命を救った男はその後に人を誘拐し、自分の行為が正しかったかわからないといった、簡単に白黒をつけることのできないエピソードもある。父親の復讐のためとはいえ、何人もの男を殺す踊子の仇討ちも一概に道徳的とは言えず、彼女の正義は君が自分で判断するしかない。人間と戦闘することもたくさんあり(その際の巨大化したアートが印象的だ)、しかも彼らは別にモンスターに乗っ取られているわけでもない。さらに言うと、お酒も娼婦も出てくる。, しかし、目指した路線を認めつつ、『OCTOPATH TRAVELER』をよくできた群像劇と評価するのは難しい。優しそうなキャラクターに後で裏切られ、序盤で裏切られるキャラクターが実はいいやつだったといった古典的な展開も多いし、牢屋に入れられると助っ人がやってくるといったご都合主義も気になった。大目に見ることもできるが、だいたい先の展開が読めてしまい、その多くが既視感のあるストーリーに感じられた。「世界を救う」というシンプルなストーリーラインではないからこそ、もっと深いところをついた人間ドラマに期待したかった。単純な裏切りよりは価値観の違いによる衝突に期待したかったし、裏切るのであればその「動機」にもっと大人を納得させる理由と説得力がほしかった。要するに、筆者はもっとリアルな人間ドラマを求めていたが、8人分のストーリーを作るとなると、それぞれのストーリーはどうしてもシンプルな構造になりがちなのだろう。, 旅人たちの物語は章仕立ての構造になっているが、開発者は「起・承・転・結」を意識をしたように感じた。確かに、物語において起承転結はリズムを作る大事な要素だ。しかし、『OCTOPATH TRAVELER』のように物語を交互に進める短編となればむしろリズムを押し殺してしまう要素にもなりかねない。それは第1章ですぐに明らかになるだろう。主人公を選択して、問題が勃発して、その原因を作り出したボスを倒し、それが旅立つ目的につながる。そして多くのプレイヤーは仲間を集めようと、それを7回繰り返すことになる。, 第3章あたりとなると「転」の章だ。驚くような急展開を、一般的な進め方では8回連続で体験することになるだろう。通常のストーリーであれば「起・承・転・結」という順番なるのが、『OCTOPATH TRAVELER』では「起・起・起・起・起・起・起・起・承・承・承・承・承・承・承・承・転・転・転・転・転・転・転・転・結・結・結・結・結・結・結・結」というくどい流れになりがちと言える。別の順番で攻略すればいい、と思うかもしれない。しかし、推奨レベルがそれを容易にさせてくれないのだ。, ちなみに『OCTOPATH TRAVELER』はイベントシーンをスキップすることもできるが、筆者は一部ストーリーに対して不満も感じつつ、旅人たちの冒険を楽しんでいる自分がいたことも確かだ。『OCTOPATH TRAVELER』を物語も含めて満喫し、疑問に思う展開や不満を感じた部分については他のプレイヤーと議論することも楽しいだろう。, 『OCTOPATH TRAVELER』はとても品のある、丁寧に作られたゲームだ。アートスタイルの魅力もさることながら、クラシカルな音楽と大げさでない声優のボイスは淑やかな雰囲気を作り出している。この品の良さを体現していると言えるのはフィールドだ。今どき珍しいランダムエンカウント方式(モンスターがフィールドに登場しない)を採用することによって、狭い道や回廊もたくさん存在する。プレイヤーの死角に隠された宝箱は2Dならではの探索を促し、フィールドデザインを最大限に活かしている。奥へと縦に進む渓谷地帯や、吹雪で視界が極端に悪い道など、2Dと3Dの融合によって新しく見えるフィールドも多い。これらにはジオラマのような美しさがあり、それぞれの景色を絵にして壁に飾りたくなるほど秀逸だ。携帯モードでもきれいだが、筆者は大画面で見てこそ絵の迫力を感じられると思い、可能な限りTVモードでプレイした。, 世界は広く、村や街は優に20を超えて、どれも個性的なデザインを誇る。ここでフィールドコマンドに打ち込めるのはもちろん、サブクエストも発生する。その大半がよくあるパターンであるように感じたが、やりこみ要素は他にもたくさんある。フィールドには任意で探索できるダンジョン、新しいバトルジョブが解放される祠などがあり、物語と関係なく探索しても発見と喜びに満ちている。一度訪れた村や街へはいつでもワープできるので、探索しやすく、迷子になっても大丈夫。, 8人の旅人のエンディングを見るだけでも60時間はかかるが、『OCTOPATH TRAVELER』は極めようと思えば100時間遊べるRPGだ。それをレビューのために一気に監禁状態でクリアして遊んだ筆者のようなプレイスタイルよりも、少しずつ進めるのに適している。章仕立てであるので、1日にひとりの旅人のひとつの章をクリアする程度でも、数時間は楽しめるはずだ。, 『OCTOPATH TRAVELER』ほど「スクウェアの黄金期」を再現することに成功したゲームがこれまでにあっただろうか。同時に、本作は新しい時代を切り開く革新的なタイトルでもある。ストーリーに関しては目指したことが必ずしも成功しているとは言えないものの、美しいHD-2Dのアート、シンプルながら奥深いバトルシステム、丁寧なフィールドデザイン、それからフィールドコマンドという新しいタイプのインタラクションがひとつとなって、やみつきになるRPGを作り出している。, 『OCTOPATH TRAVELER』はSFC時代のスクウェアRPGを今の時代に落とし込み、「古き良きJRPG」を進化させてくれた。, 『OCTOPATH TRAVELER』の販売本数が200万本を突破!50%オフになる記念セールもスタート, PC版『OCTOPATH TRAVELER』が正式発表!6月8日にSteamで配信へ, 『OCTOPATH TRAVELER』のビジュアル表現とストーリーテリングに通じるひとつのビジョン. まさに”ぶっ壊れた面白さ”『オクトパストラベラー』感想。町中での強盗、誘拐、盗み…裏ワザが許された背徳のrpg インプレッション 2018年07月18日 タグ ソフトレビュー| オクトパストラベラー| オクトパストラベラーはずいぶん前、この記事を書いている2か月前にはもうやらなくなってしまったんですが…, 最近ふと、「なんであのゲームやめちゃったんだろう…」という疑問が頭の中をよぎったので、この際だからブログで「なぜ飽きてしまったのか?」について書いていこうと思います。, オクトパストラベラーの戦闘システムには弱点とシールドブレイクというシステムがあります。, 弱点を突かなければ全くダメージが与えられません。初めて遭遇したり、弱点を知らない敵と遭遇した時は、弱点が隠されています。その弱点が分からない限り、有効となりうるダメージを与えられないのはストレスでした。, シールドブレイクは弱点を突くと敵のシールドが壊れて、1ターン戦闘不能になります。これも中々の手間で「シールド壊されている感」が半端ないです。, また、弱点が定期的に変わるボスもいるのでこれまた「はぁ!?(゚Д゚;)」となってしまいました(´;ω;`), 攻めてないというか…保守的というか…「どこかで見たような…」と感じるような、良く言えば【王道】のストーリーですね。, それぞれのストーリーが1人で完結してしまって、その他のキャラは「人助け」みたいな感じで、仲間になりついていくだけ…, 良い点の1つ目はドットの綺麗さです。プレイして一番最初に思った事は「ドットが綺麗」という事です。, 特に、雪のが降るエリアは良かったですね。寒そうな街並みに、うっすら光る家の中の明かりは、見ていて気持ちが良かったです。, キャラボイスが豊富なのは個人的に良かったです。特にストーリ上のボイスは感情移入させてくれるのでありがたいですね。, ですが、肝心なストーリーがあまり良くないのでボイスをフルに生かしていないと思います。, ゲームで最も重要なストーリーと戦闘があまり良くなかったので星2つにさせてもらいました。, ただ「めちゃくちゃつまらないのか?」と言われればそうではないので、気になるようであればプレイしてみてもいいんじゃないかと思います。, このゲームをプレイした方はどんな感想をお持ちですか?よろしければコメントをしていただければ嬉しいです。. そこでネックとなるのが戦闘…どうしてもゲームバランスが悪いように感じてしまい積みました。 Nintendo Switch『オクトパストラベラー』のレビューです。8人の主人公がそれぞれの目的のために旅をし、戦略性と爽快感のある戦闘を楽しめるレトロRPGの魅力を紹介します。 スポンサーリンク. しかし装備での強化に限界があり結局レベル上げが必要となります。 ゲームレビュー オクトパストラベラーはつまらない?プレイ時間10時間で飽きてしまった理由を考える【評価・感想】 Rbintyan 2020年5月11日 / 2020年5月17日. スクウェア・エニックスの新作スマホ向けrpgの『octopath traveler (オクトパス トラベラー) 大陸の覇者』が2020年10月28日にリリースされました。前作未プレイならではのまっさらな気持ちで本作を評価し … 'http':'https';if(!d.getElementById(id)){js=d.createElement(s);js.id=id;js.src=p+'://platform.twitter.com/widgets.js';fjs.parentNode.insertBefore(js,fjs);}}(document, 'script', 'twitter-wjs');フォロー歓迎!ホロロ通信Twitterアカウントでは最新記事の更新のお知らせやお得情報を発信。, OCTOPATH TRAVELER(オクトパストラベラー)のネット上の「評価・評判・感想・レビュー・口コミ」, 【PS4おすすめゲーム】新作~傑作ソフト50選以上!ジャンル別まとめ《2020年保存版》, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『セクシー/萌え』おすすめ人気ゲームソフト8本!【4/19更新】, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『プロ野球ゲーム』おすすめ人気ソフト。迷ったらこの7本!【4/19更新】, 【Switch】高評価確定!『セクシー/萌え』人気ソフトランキング!迷ったらこの6本, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『無双系アクション』おすすめ人気ゲームソフト8本!【4/19更新】, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『リズムゲーム/音ゲー』おすすめ人気ゲームソフト6本!, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『シミュレーション』おすすめ人気ゲームソフト6本!, 【Switch(スイッチ)】『リズムゲーム/音ゲー)』人気ソフトランキング!迷ったらこの6本, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『オープンワールド』おすすめ人気ゲームソフト7本!, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『FPS/TPS』おすすめ人気ゲームソフト7本!, 【ドラクエ11(DQ11)】マルティナ画像(可愛い・ぱふぱふ・水着など)シーン別まとめ!!, 【モンハンワールド(MHW)】『キャラメイク傑作集part1』 面白い・可愛い・そっくりなど! まとめ, 【モンスターハンターワールド(MHW)】『キャラメイク傑作集part2』面白い・可愛い・そっくりなど!まとめ, 【パワプロ Switch】裏技・エラーやバグの解決法・小技・小ネタ情報【9/23更新】, 【ゼノブレイド2】『セオリとミクマリ』クエスト攻略法(チャート・条件など) まとめ!, 【PS4(プレステ4)】高評価確定!『RPG』おすすめ人気ゲームソフト。迷ったらこの5本!, 【Switch】やり込める系!100時間以上遊べる名作ゲーム8選!自粛のお供に是非!, 【アサシンクリード オデッセイ】メインクエスト『視野狭窄』攻略チャート・ブロンテスとの戦い方, 【牧場物語 3つの里】とうがらし・さつまいもの入手方法・町コミュBランクを解放する方法, どのダンジョンも推奨レベルがついているので、自分のLvに近いダンジョンに進んでいけば迷うことが無いのは安心できる.

ディズニー カチューシャ 黒, プロスピ2019 スタープレイヤー オリジナル変化球, エクセル コマンドバー 表示, 黒い砂漠 料理 名匠, ワイモバイル Enjoyパック 解約できない, Hosts ラウンドロビン Windows, 画像 細かく 回転, 元彼 匂わせ ストーリー, 1歳 誕生日 服 男の子, 画像 縮小 ギザギザ, 新宿 中華ランチ 安い, Psvitatv コントローラー ペアリング, Outlook フォント設定 できない, Visual Studio Team Services とは, ジャガールクルト オーバーホール 期間, 車 トランク 2段収納, Inspiron スモール デスクトップ メモリ増設, Joie ベビーカー 前輪ロック, イニスフリー パック ローラ, メルカリ 再出品 簡単, マツモトキヨシ チラシ 長野, プロポーズ 指輪なし 割合, Excel 共有 更新できない, ライティングレール 2m パナソニック,